ムリなくできる親の介護

発売日 2018.12.20
著者 工藤広伸
判型 四六判/並製
ページ数 288
ISBN 978-4-534-05639-9
価格 ¥1,512(税込)

「こんなときどうすればいい?」が「こうすればもっと楽になる」に変わる。祖母、母、父と連続で介護を経験し、2度の介護離職を余儀なくされてきた著者が明かす、しんどくならない介護のコツ。ムリせず、がんばり過ぎない、親も子も幸せになる介護とは?

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 親が倒れた!――最初に何をすればいい?
第2章 親が認知症に!?――認知症介護で気をつけること
第3章 プロにまかせてよかった!――1人で背負い込みすぎずに楽になるサービスの数々
第4章 仕事を辞められない!――離れていても介護をする方法
第5章 忙しくて時間がない――ツールを活用して介護を楽にしよう
第6章 それでも介護のために仕事を辞める!――介護離職の心得
第7章 できることはやった――そう思える幸せな看取り方
おわりに

著者プロフィール

工藤広伸

くどう・ひろのぶ


介護作家・ブロガー。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護からスタート。祖母の死後、悪性リンパ腫の父(76歳・要介護5)を在宅介護で看取る。


2度の介護離職を経験、成年後見人経験者、認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。


現在も東京と岩手を年間約20往復しながら、しれっと遠距離介護中。ブログ「40歳からの遠距離介護」運営、Webサイト」介護ポストセブン[(小学館)に連載中。著者に『医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得』『医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得(いずれも廣済堂出版)、『がんばりすぎずにしれっと認知症介護』(新日本出版社)がある。

関連書籍

ページのトップへ