東京の地理と地名がわかる事典

発売日 2018.04.12
著者 浅井建爾
判型 四六判/並製
ページ数 256
ISBN 978-4-534-05582-8
価格 ¥1,512(税込)

江戸から東京へと移り変わった「東京」を地理や地名、地図をもとにひもときながら解説。知っているようで知らない東京の姿を浮き彫りにします。「大名屋敷跡には、いま何が建っている?」「東京の山手と下町の境目はどこ?」など東京の「謎」が満載!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 東京の成り立ちを知る
第2章 東京の変遷を知る
第3章 地名と地形から東京を知る
第4章 地図に隠された東京の歴史と文化を知る
第5章 激変する東京の今を知る

著者プロフィール

浅井建爾

あさい・けんじ


1945年愛知県生まれ。日本国際地図学会、中部地名文化研究会会員。青年時代に自転車で日本一周の旅行をして以来、地名や地理に深い関心を持ち、地理を題材にした著作活動を始める。
著書に『日本の地名雑学事典』『大人のための日本地理』(ともに日本実業出版社)、『知らなかった! 驚いた!日本全国「県境」の謎』『えっ? 本当?! 地図に隠れた日本の謎』(ともに実業之日本社)、『日本全国「駅名」地図帳』(成美堂出版)、『日本全国 地図の謎』(東京書籍)など多数ある。

関連書籍

ページのトップへ