知るほど面白くなる日本地理

発売日 2016.11.03
著者 地理教育研究会
判型 四六判/並製
ページ数 216
ISBN 978-4-534-05443-2
価格 ¥1,595(税込)

日本地理についての基本的な解説に加えて、「青森のホタテの養殖現場」「かつて日本で栄えた鉱山の現状」「にぎわいを取り戻した商店街の事例」など、各地の状況や地域活性化の事例を詳しく紹介。日本の「いま」をつかむための画期的な地理入門書!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

第1章 地理って何?
第2章 日本の自然環境と地図
第3章 「移動」の地理
第4章 「食」の地理
第5章 「モノ」の地理
第6章 「文化」の地理
第7章 「防災」の地理
第8章 「環境」の地理
第9章 日本にある「世界」

著者プロフィール

地理教育研究会

ちりきょういくけんきゅうかい


1957年に発足した、小・中・高・大学の教員が中心となる民間の教育研究団体。機関誌として「地理教育」を発行しているほか、『授業のための日本地理』『授業のための世界地理』(古今書院)、『地理を楽しく!』(高文研)、『ニッポンまるかじり! 地理ブック』(講談社)、『地理授業で使いたい教材資料』(清水書院)など、多数の著作活動も行なっている。最近では、地理の魅力に惹かれて、大学生や一般の会員も増えている。

関連書籍

ページのトップへ