本当にわかる倫理学

発売日 2010.11.19
著者 田上孝一
判型 四六判/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-534-04774-8
価格 ¥1,620(税込)

複雑化した現代において、私たちはどう生きるべきでしょうか? その規範を問い、ヒントを示すのが「倫理学」です。本書では、「正義」「環境」「経済」「医療」「スポーツ」などのキーワードを通じて、倫理学の基礎をわかりやすく解説します。

≪章立て≫
第1章 「倫理」とは何か?
第2章 正義が絶対に正しいことはあるのか?
第3章 倫理は一生つきまとう
第4章 人間とは“すごい”存在なのか?
第5章 倫理を通じて社会のルールを考えよう

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに

第1章 「倫理」とは何か?

1 倫理学とは哲学なのか? 010

2 倫理学で大切なことは? 012

3 倫理学の世界を大まかに見てみよう 014

4 「価値」が倫理学と哲学の分かれ目です 018

5 「義務」は無条件に果たすべきか? 023

6 「法律」は倫理の一部です 025

7 電車で席を譲るのはマナーか? 027

8 「善い人間」になんてなれるのか? 031

9 徳育教育で大切なことは? 033

10 倫理は物事を見定める「ものさし」となる 035

11 なぜ人は「倫理」というものをつくったのか? 038

参考文献 040

第2章 正義が絶対に正しいことはあるのか?

1 様々な人がいるなかで倫理をどう考えるべきか? 042

2 「善」の価値は見方で変わる 046

3 そもそも「善」とは何だろう? 050

4 人間が守るべき「正義」とは何か? 055

5 「自由」はどこまで許されるのか? 059

6 すべての「表現」に自由は認められるのか? 063

7 「国」がある意味とは何だろう? 067

8 社会の基本単位は「個人」ではないのか? 071

9 失業や貧困問題を克服できるか? 076

10 お金がこの世にあるのはなぜ? 081

11 国家とテロの暴力に違いはあるのか? 087

参考文献 092

第3章 倫理は一生つきまとう

1 多数のために少数を犠牲にしていいのか? 094

2 新たな死・脳死はどう考えたらいいのか? 100

3 ドーピングをやってでも勝てばいいのか? 106

4 子育てや介護を他人に任せてもいいのか? 110

5 倫理と宗教は親戚の関係にある? 114

6 宗教のない世界はあり得るのか? 116

7 臓器を売買すれば貧しい人は助かるのか? 121

8 「自殺」をする自由はあるのか? 124

9 売春は問答無用にわるいことか? 128

10 代理母で子供をもつことはいいのか? 130

11 「人間」であるとはどういうことか? 134

参考文献 138

第4章 人間とは“すごい”存在なのか?

1 人間とは「特別」な存在なのか? 140

2 なぜ人間には「権利」があるのか? 146

3 「自然」を中心とした倫理学とは? 152

4 ディープ・エコロジーと「過激な」環境保護運動の関係とは? 157

5 地球温暖化から「成長の限界」を考えよう 163

6 ライフスタイルを考えるために倫理をしてみる 168

参考文献 172

第5章 倫理を通じて社会のルールを考えよう

1 善い社会とは何だろう? 174

2 倫理学で社会を見つめてみる 178

3 人間は「コミュニティ」の一員ではないのか? 185

4 「最大多数の最大幸福」におけるジレンマとは? 188

5 死刑は絶対に必要なのか? 194

6 ギャンブルに依存しても勝手なのか? 199

7 酒やタバコもやめられない? 205

8 なぜ倫理学を学ぶ必要があるのか? 211

参考文献 215

著者プロフィール

田上孝一

たがみ・こういち
1967年東京都生まれ。立正大学非常勤講師。専門は哲学・倫理学。法政大学文学部哲学科卒業。立正大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。論文博士(文学)。著書に、『現代文明の哲学的考察』(編著、社会評論社、2010年)、『実践の環境倫理学』(時潮社、2006年)、『現代規範理論入門―ポスト・リベラリズムの新展開』(共著、ナカニシヤ出版、2004年)、『初期マルクスの疎外論』(時潮社、2000年)などがある。

関連書籍

ページのトップへ