早わかり世界史

  • 電子書籍有り
発売日 2008.10.08
著者 宮崎正勝
判型 四六判/並製
ページ数 368
ISBN 978-4-534-04451-8
価格 ¥1,540(税込)

1998年7月の発行以来、多くの読者に支持されてきた『早わかり世界史』が、装いも新たに登場。すべての項目に入った豊富な図版と、興味深いエピソードで、わかりにくい世界史の流れが理解できる決定版!

≪章立て≫
序章 世界の歴史の始まり
第1章 最初に生まれた四つの世界
第2章 一体化するユーラシア世界
第3章 大航海時代と膨張するヨーロッパ
第4章 ヨーロッパによる世界制覇の時代
第5章 二つの世界大戦で没落する西欧
第6章 地球化革命の時代

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

人類5000年史を動かした「エンジン」 2

最初に生まれた四つの世界 4

並び立つ巨大帝国と遊牧民 6

イスラム商圏の時代からモンゴル帝国の時代へ 8

大航海時代と膨張するヨーロッパ 10

ヨーロッパによる世界制覇の時代 12

二つの世界大戦で没落するヨーロッパ 14

地球化革命の時代 16

まとめ Worldは拡大を続けてきた 18

世界史対照略年表 20

序章 世界の歴史の始まり

    人類が登場し、都市が現れる。ここから世界の歴史が始まる

0. 農業革命と都市革命

 ◆人類の起源

   人類はアフリカから世界中に広がっていった 40

 ◆農業革命

   「農業」が人類の歴史を変えた 42

 ◆都市革命

   「都市革命」によって文明が形成され始める 44

 COLUMN

   ・道路網の完璧さが王の力を示した! 46

第1章 最初に生まれた四つの世界

    四つの地域に文明が生まれ世界はしだいに広がっていく

1. 西アジア世界の誕生

 ◆メソポタミア文明

   粘土で築かれた「創世紀」の文明 52

 ◆古バビロニア王国

   後世の法に大影響を与えたハンムラビ法典 54

 ◆古代エジプト文明

   なぜエジプトでは古くから文明が輝いた? 56

 ◆オリエント世界の拡大

   アルファベットのもとはフェニキアの文字 58

 ◆ユダヤ教の誕生

   ヘブライ人の苦難が育んだユダヤ教 60

 ◆アケメネス朝(ペルシア帝国)

   「王の道」により集めた銀は年に37万kg! 62

 ◆パルティアとササン朝

   ペルシア人の神は東へ西へ 64

2. 地中海世界の誕生

 ◆アテネとスパルタ

   エーゲ海に集まる1000以上のポリス 68

 ◆ペルシア戦争とペロポンネソス戦争

   ペルシア戦争の“勝利”が早めたポリスの崩壊 70

 ◆ヘレニズム時代

   アレクサンドロスがつくった巨大帝国 72

 ◆共和制ローマ

   地中海を制覇した都市国家ローマ 74

 ◆ローマ帝国(1)

   クレオパトラに惑わされ帝政に向かうローマ 76

 ◆ローマ帝国(2)

   「ローマの平和」は廃墟をつくる!? 78

 ◆キリスト教の変遷

   迫害の時代を経て国教になったキリスト教 80

3. インド世界と東南アジア

 ◆インダス文明

   インダス川の文明からガンジス川の文明へ 84

 ◆仏教の成立

   仏教は生誕の地インドでなぜ盛んでないのか? 86

 ◆古代インドの諸王朝

   ヒンドゥ教は創始者のいない民族宗教 88

 ◆東南アジアの世界

   インドの影響を受け、巨大建造物を遺した文化 90

4. 東アジア世界の誕生

 ◆黄河文明から殷・周へ

   黄河が生み出した黄色い文明 94

 ◆春秋・戦国時代

   諸侯が激しく争い合った550年間もの乱世 96

 ◆諸子百家

   中国思想の源流がここにある 98

 ◆秦帝国による統一

   わずか15年で消えた巨大な帝国 100

 ◆前漢の繁栄

   中国“文明”の土台を築いた「漢」帝国 102

 ◆後漢の繁栄

   ローマ帝国と結びついていた漢 104

 ◆朝鮮と日本

   中国→朝鮮→日本と流れ込む文化 106

 ◆遊牧民の時代

   遊牧民が世界を動かした時代があった! 108

 ◆シルクロード

   シルクロードを支えた都市国家群 110

 ◆海の世界と港市国家

   ユーラシアにもあった「大航海時代」 112

 COLUMN

   ・ローマの軍神と飛鳥のミロク仏は同じ!? 66

   ・ヘレニズム世界を背負った美女クレオパトラ 82

   ・寅さんと除夜の鐘の共通点とは? 92

   ・古代、太陽は10個あった? 114

第2章 一体化するユーラシア世界

    西の世界と東の世界がモンゴル帝国によりつながった

5. 変動する東アジア

 ◆三国時代から五胡十六国時代へ

   悲惨な時代だった三国時代 120

 ◆南北朝から隋の統一へ

   侵入した遊牧民が中国人になっていく? 122

 ◆中国の仏教と道教

   仏教は西から入りしっかり中国に定着する 124

 ◆隋から唐へ

   隋はなぜ、わずか40年で滅んだのか 126

 ◆唐の繁栄と衰退(1)

   “仏”と称して“女帝”となった則天武后 128

 ◆唐の繁栄と衰退(2)

   楊貴妃の魅力に傾く唐帝国 130

 ◆宋の成立

   最初から腐敗していた? 宋の官僚国家体制 132

 ◆宋の経済発展

   非力な宋は、お金で平和を買っていた 134

 ◆北方民族の台頭

   北方民族に屈服していく中華帝国 136

6. 西ヨーロッパの誕生

 ◆ゲルマン民族大移動

   民族の大移動でローマ帝国が大分裂! 140

 ◆フランク王国の変遷

   カール大帝の戴冠で西欧世界が誕生する 142

 ◆ヴァイキングと東西ヨーロッパ

   内陸にも進出していた? ヴァイキング 144

 ◆ビザンツ(東ローマ)帝国

   衰えながらも続いた1000年帝国 146

 ◆皇帝と教皇の争い

   教皇権を強大化させたカノッサの屈辱 148

 ◆十字軍

   十字軍は何のために行なわれたのか? 150

 ◆ヨーロッパ中世都市の勃興

   十字軍がもたらした都市のネットワーク 152

 ◆百年戦争

   ジャンヌ・ダルクにより復活するフランス 154

 ◆ルネサンス

   ルネサンスはイタリアの大商人がもたらした? 156

7. 遊牧民が活躍する時代

 ◆イスラム教の成立とアラブ帝国

   イスラム教の成立からアラブの大征服運動へ 160

 ◆イスラム教とは

   『コーラン』にもとづくイスラム教とは何か? 162

 ◆ウマイヤ朝からアッバース朝の成立へ

   アラブ帝国から“イスラム”帝国へ 164

 ◆イスラム商業圏

   国際交易が行なわれた『アラビアン・ナイト』の時代 166

 ◆イスラム文明

   ヨーロッパは「知識」をイスラム文明から学んだ 168

 ◆トルコ人の世紀

   トルコ人が世界史の大舞台に登場! 170

 ◆チンギス・ハン

   チンギス・ハンの軍隊が強かった秘密 172

 ◆モンゴル帝国

   東西の世界をつないだモンゴル帝国 174

 ◆海と陸の円環ネットワーク

   モンゴル人が築いた世界規模のネットワーク 176

8. 再編されるユーラシア世界

 ◆モンゴル帝国の衰退

   大航海時代はモンゴル帝国のおかげ!? 180

 ◆モンゴルから明帝国へ

   1人の貧農が蘇らせた中華帝国・明 182

 ◆明帝国の滅亡

   明を揺るがした!? 秀吉の遠征 184

 ◆清帝国

   300年も続いた辮髪の国・清 186

 ◆東南アジアのイスラム化

   盛んな貿易でイスラム化した東南アジア 188

 ◆ムガル帝国

   インドにもモンゴル帝国があった!? 190

 ◆オスマン帝国

   再びイスラム化の波に洗われた地中海世界 192

 COLUMN

   ・ボタンの花咲き乱れる国際都市・長安 138

   ・明るくなったヨーロッパとハーメルンの笛吹男 158

   ・ペストはモンゴル人がヨーロッパに伝えた! 178

   ・コンスタンティノープルはこうして消えた 194

第3章 大航海時代と膨張するヨーロッパ

    ルネサンスから大航海時代へ海の世界に乗り出したヨーロッパ

9. 変わっていくヨーロッパ

 ◆大航海時代

   色々な思惑がうずまく大航海の主役たち 200

 ◆アメリカ大陸の諸文明

   意外に新しいインカ、アステカ帝国 202

 ◆アメリカ大陸の変革

   スペイン人によって改造されるアメリカ 204

 ◆新大陸と商業

   衰亡するアメリカ大陸と成長するヨーロッパ 206

 ◆宗教革命

   宗教改革は一枚の壁新聞から始まった 208

 ◆宗教戦争の時代

   宗教対立が引き起こした恐ろしい魔女狩り 210

 ◆商人国家オランダの覇権

   なぜオランダは日本との貿易を独占できた? 212

 ◆台頭するイギリス

   ピューリタン革命から責任内閣制へ 214

 ◆ヨーロッパ主権国家の成立

   国家システムの移り変わり 216

 ◆プロイセン・ロシア・ポーランド

   3回の分割で消えたポーランド 218

 ◆西欧諸国の植民活動

   イギリスとフランス 世界を制するのは? 220

 COLUMN

   ・ニシンが生み出した商人国家オランダ 222

第4章 ヨーロッパによる世界制覇の時代

    世界中を植民地化し、「19世紀的世界」が形成される

10. 国民国家の出現

 ◆産業革命

   キャラコから始まったイギリスの産業革命 228

 ◆フランス革命(1)

   長ズボンの男たちのバスティーユ牢獄襲撃 230

 ◆フランス革命(2)

   フランス革命がもたらした「国民国家」 232

 ◆ナポレオンの台頭

   ナポレオンは英雄か? 単なる俗物か? 234

 ◆ナポレオンの栄光と挫折

   ナポレオンの強さは徴兵制にあった! 236

 ◆ウィーン体制

   ウィーン体制は何をめざしたのか? 238

 ◆フランス七月革命・二月革命

   選挙権をめぐって起きた七月・二月革命 240

 ◆チャーティスト運動と選挙法改正

   労働者も社会を支えている! 242

 ◆ヴィクトリア時代

   経済的優位をみせつけた第1回「万国博覧会」 244

 ◆ヨーロッパの情勢

   なぜロシアは南下をくりかえしたのか? 246

 ◆イタリア・ドイツの統一

   ともにオーストリアが相手の統一戦争 248

11. アメリカの自立

 ◆植民地時代の北アメリカ

   超大国も最初はたった13の植民地だった 252

 ◆アメリカ独立戦争

   あるベストセラーが「独立」に気づかせた! 254

 ◆アメリカ合衆国の形成

   ゴールドラッシュがフロンティアをなくした 256

 ◆南北戦争

   生まれ変わったアメリカ 258

 ◆ラテン・アメリカ諸国の独立

   不完全だったラテン・アメリカの独立 260

12. 広がっていくヨーロッパ

 ◆東方問題

   オスマン帝国の衰えに優位に立とうと争う列強 264

 ◆植民地インドの形成

   インドを土台にして栄えるイギリス 266

 ◆アヘン戦争

   紅茶が起こしたアヘン戦争 268

 ◆太平天国とアロー戦争

   清の弱みをついたイギリスとフランス 270

 ◆日本の開国と主権国家の誕生

   開国により誕生した主権国家・日本 272

 ◆洋務運動と明治維新

   中国の中体西用 vs 日本の文明開化 274

 ◆日清戦争

   日清戦争をきっかけに清に群がる列強 276

 ◆帝国主義の誕生

   大不況を背景に争い合う列強 278

 ◆アフリカの分割

   嵐のような分割はコンゴから始まった 280

 ◆アメリカの太平洋進出

   スペインとのすばらしい小戦争 282

 ◆日露戦争

   日本が勝ったのは紙一重の差だった! 284

 ◆清朝の滅亡

   清の解体は東京から始まった 286

 COLUMN

   ・民衆の好奇心が支えた「鉄道狂時代」 250

   ・アメリカ合衆国を手づくりした男・ジェファソン 262

   ・官僚になれないならシステムを変えてしまえ! 288

第5章 二つの世界大戦で没落する西欧

    経済成長が起こした第一次大戦、経済崩壊で起きた第二次大戦

13. 第一次世界大戦とヨーロッパ

 ◆第一次世界大戦(1)

   偶然によって爆発した“ヨーロッパの火薬庫” 294

 ◆第一次世界大戦(2)

   第一次大戦の勝敗はアメリカが決めた 296

 ◆ロシア革命

   腹が減るから革命はできる! 298

 ◆ソ連邦の成立

   四つの国からできたソヴィエト連邦 300

 ◆ヴェルサイユ体制(1)

   ドイツは徹底的に痛めつけるべし! 302

 ◆ヴェルサイユ体制(2)

   お金で苦悩するドイツとイタリア 304

 ◆ワシントン体制

   アメリカが主役の新しい世界 306

 ◆トルコとインドの民族運動

   インドの独立を助けた「塩の行進」 308

 ◆東アジアの民族運動

   中国の革命は一冊の雑誌から始まった 310

14. 第二次世界大戦と世界の変貌

 ◆世界恐慌

   なぜアメリカの恐慌が世界中に広まったのか? 314

 ◆ヴェルサイユ体制の崩壊

   ヒットラーはなぜ大衆の支持を集められた? 316

 ◆日中戦争

   広い大地で途方にくれる日本軍 318

 ◆第二次世界大戦(1)

   ドイツの民族統合から始められた大戦争 320

 ◆第二次世界大戦(2)

   1942年に大転換する戦局 322

 ◆国際連合

   「5人の警察官」が守る世界の平和 324

 ◆IMF体制の成立

   世界経済はドル支配のもとへ 326

 ◆冷戦の展開

   じわじわと強まる東と西の対立 328

 ◆朝鮮戦争

   冷戦のなか、なぜ北朝鮮は韓国に侵攻したのか 330

 ◆中東戦争

   イギリスの密約から始まったパレスチナ問題 332

 COLUMN

   ・世界の破綻は突然にやってきた 312

   ・つくられた英雄「アラビアのロレンス」 334

第6章 地球化革命の時代

    ハイテク革命を背景に急激に地球化へと向かう人類社会

15. 急変する人類社会

 ◆アジア・アフリカ諸国

   新しい勢力「第三世界」の主張とは? 340

 ◆中華人民共和国の成立

   近代経済の建設に右往左往する中国 342

 ◆南北問題から南南問題へ

   ますます広がる北と南の格差 344

 ◆新たな世界経済体制

   石油危機がつくり出した地球規模の経済構造 346

 ◆冷戦の終焉

   ソ連から始まった冷戦終結への動き 348

 ◆国民国家の動揺

   新たにわき起こったエスニシティ紛争 350

 ◆地域統合と広域経済圏

   新しい経済のかたちを模索する広域経済圏 352

 ◆人口爆発と自然破壊

   増える人間と増える砂漠 354

著者プロフィール

宮崎正勝

みやざき・まさかつ
1942年生まれ。東京教育大学文学部史学科卒。都立三田高校、都立九段高校教諭、筑波大学講師、北海道教育大学教授などを経て、現在はセミナー等の講師として活躍中。『早わかり世界史』『地図と地名で読む世界史』『世界史を動かした「モノ」事典』(以上、日本実業出版社)、『イスラム・ネットワーク』(講談社選書メチエ)、『ジパング伝説』(中公新書)、『世界史の海へ』(小学館)など著書多数。

関連書籍

ページのトップへ