最新版 夫が亡くなったときに読む本

発売日 2019.05.18
著者 豊田眞弓
判型 四六判/並製
ページ数 248
ISBN 978-4-534-05692-4
価格 ¥1,512(税込)

通夜・葬儀の段取りなど直後に行なうべきことから、役所への届出、名義変更、相続、年金・保険、生活設計などまで、一家の大黒柱を亡くしたときに役立つ知識が満載。『他人には聞けない 夫が死んだときに読む本』を改題し、改正相続法などに対応した最新版。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 夫が亡くなるとどんな手続き・届出が必要になるか
第2章 夫を葬るさまざまな儀式のすすめ方
第3章 亡き夫に関係する届出と手続き
第4章 遺言の確認と遺産相続のすすめ方
第5章 その後の生活設計と資金確保を考える
あとがき

著者プロフィール

豊田眞弓

とよだ・まゆみ


FPラウンジ代表。「親の介護・相続と自分の老後に備える.com」主催。経営誌や経済誌のライターを経て、94年より独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動。個人相談業務を行うほか、寄稿・監修、講師等に従事。著書(共著含む)に『夫が死んだときに読む本』『いまからはじめる相続対策』(以上、日本実業出版社)、『50代☆家計見直し術』(実務教育出版)、『ひとり老後を快適に暮らす本』(アニモ出版)、『離婚を考えときにまず読む本』(日本経済新聞出版社)などがある。

関連書籍

ページのトップへ