社会を読む文法としての経済学

発売日 2017.03.16
著者 西孝
判型 四六判/並製
ページ数 311
ISBN 978-4-534-05482-1
価格 ¥1,760(税込)

機会費用、外部性、短期と長期、情報の非対称性、合成の誤謬など9つのワード(用語)をコンセプト(概念)にまで鍛え上げれば、アベノミクス、トランポノミクスなどの経済ニュースも霧が晴れるように本質が見えてくる。純“文系”のための新しい経済学入門。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 機会費用――タダのものはない
第2章 外部性――いい迷惑と悪い迷惑
第3章 短期と長期――変えられるものと変えられないもの
第4章 情報の非対称性――競争を通じて悪いものが残る
第5章 貯蓄と投資の恒等式――木を見て森を見ない議論から抜け出そう
第6章 合成の誤謬――個々には成り立つことが、みんなでやるとそうならない不思議
第7章 貨幣の不思議――だってただの紙でしょ?
第8章 予想の自己実現――資産価格の特殊性とそれがもたらす悲劇
第9章 政府がやるべきこと、やるべきでないこと――究極の問題

著者プロフィール

西孝

1961年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在、杏林大学総合政策学部教授。専攻、マクロ経済学、国際金融論。著書に『イントロダクション マクロ経済学講義』(日本評論社)ほか。

関連書籍

ページのトップへ