知っていると役立つ「東洋思想」の授業

発売日 2016.11.17
著者 熊谷充晃
判型 A5判/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-534-05444-9
価格 ¥1,760(税込)

孔子、孟子、荀子、老子、荘子、韓非子、孫子、呉子・尉繚子など、「諸子百家」の代表的な人物とその考えを、日常やビジネスシーンで使える視点で説明。彼らの人物象・キーワード解説・名言を通して、どこよりもやさしく解説します。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

まえがき
イントロダクション 東洋思想の“源流”が生み出された背景
1時間目 孔子に学ぶ「論語」の教え
2時間目 孟子に学ぶ「性善説」の教え
3時間目 荀子に学ぶ「性悪説」の教え
4時間目 老子に学ぶ「道教」の教え
5時間目 荘子が示したもう一つの「道教」
6時間目 韓非子に学ぶ「法家」の教え
7時間目 孫子に学ぶ「兵法」の教え
8時間目 受け継がれた「兵法」

著者プロフィール

熊谷充晃

くまがい・みつあき


神奈川県出身。歴史著述家。編集製作会社、歴史系などの専属編集記者を経て2005年に独立。キャリアは通算20年超。幅広く日本史、世界史にまつわる本を執筆、編集している。


著書に、『黒田官兵衛と軍師たちの「意外な」真実』(大和書房)、『幕末維新動乱「文」の時代の女たち』(双葉社)、『教科書には載っていない! 幕末の大誤解』『教科書には載っていない! 明治の日本』(ともに彩図社)、『世界遺産 富岡製糸場と明治の日本』(WAVE出版)などががある。共著ムック多数。歴史に関して資料・史料を収集・分析・再構成して執筆するのを得意としている。  

関連書籍

ページのトップへ