安部龍太郎「英雄」を歩く

発売日 2013.07.18
著者 安部龍太郎
判型 四六判/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05096-0
価格 ¥1,620(税込)

今年1月、直木賞を受賞した安部龍太郎による最新の歴史エッセイ。長谷川等泊、織田信長、豊臣秀吉、黒田官兵衛、レオン氏郷など、小説でも取り上げられた英雄の足取りを、著者独自の歴史観で綴る。 1項目1ページの現地の地図付き。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

著者プロフィール

安部龍太郎

あべ・りゅうたろう
1955年、福岡県生まれ。久留米高専卒。図書館勤務等を経て小説家に。90年に日本全史を網羅した短編集『血の日本史』(新潮社)でデビュー。2005年『天馬、翔ける』(新潮社)で中山義秀文学賞、13年『等伯』(日本経済新聞出版社)で直木賞を受賞。
主な著書に『名将の法則』『下天を謀る』『蒼き信長』(以上、新潮社)、『生きて候』『恋七夜』(以上、集英社)、『天下布武』(角川書店)、『レオン氏郷』(PHP研究所)などがある。

関連書籍

ページのトップへ