伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力

発売日 2012.01.25
著者 橋本武
判型 四六判/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-534-04912-4
価格 ¥1,404(税込)

灘校一筋50年、100歳で現役講師の橋本氏。灘校を東大合格日本一に導いた授業は小説『銀の匙』1冊を3年間読みこむ型破りなもの。教え子は東大総長から県知事、作家の遠藤周作まで多士済々。教え子に本当に伝えたかったことを語り下ろす。

≪章立て≫
第1章 「学ぶ」ことは遊ぶこと、「遊ぶ」ことは学ぶこと
第2章 生きる力、学ぶ楽しさのもととなる国語力
第3章 教えることで見える学びの本質
第4章日常にあふれる「学び」「気づき」への横道
第5章 つまり人生とは学びの連続

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに 人は何歳でも学び続けることができる 1

第1章 「学ぶ」ことは遊ぶこと、「遊ぶ」ことは学ぶこと

    ~再び生徒と向き合って感じた学びの基本~

 ○100歳を目前に灘校の教壇に戻る! 16

  ・当たり前のことに疑問をもってみよう 17

  ・意味がなくても面白ければいい! 21

 ○子どもが安心して学べる環境をつくろう 26

  ・仕事を趣味にするのがコツ 28

  ・あえて点数では競わせない 31

 ○大学受験にテクニックなんて必要ない! 35

  ・古典の研究で育んだ仲間との絆(きずな) 36

  ・自分の行きたい道を行けばいい 39

  ・苦手教科の克服に徹底した私の受験体験 41

 ◆「遊ぶ」ように「学ぶ」ポイント 46

第2章 生きる力、学ぶ楽しさのもととなる国語力

    ~「読む」と「書く」のバランスが肝心~

 ○「多読」が導いた運命の1冊との出会い 48

  ・目指すは心の糧(かて)になるような授業! 49

  ・よみがえった小学校時代の思い出 53

  ・読書競争で開けたスローリーディングへの道 54

 ○正解を求めず考えることを楽しもう 58

  ・いくらでもある「横道」へのポイント 62

  ・「銀の匙授業」で子どもたちの心を動かす 65

 ○たくさんの本を読む、そうすれば人生がより深くなる! 69

  ・今わからなくても、あとで必ず役立つときが来る 71

  ・とにかく覚える、それだけでいい 74

 ○書けば書くほど国語の総合力はアップする! 80

  ・書いて褒められ、ますます国語が好きになる! 82

  ・文章はウマいヘタより気持ちが大切 84

  ・家庭でも簡単にできる「読み」「書き」トレーニング 86

 ◆「国語力」をとらえ直すポイント 90

第3章 教えることで見える学びの本質

    ~個性を引き出す子どもたちとのぶつかり合い~

 ○偶然からはじまった50年におよぶ灘での教師生活 92

  ・新米のやる気をくすぐる放任主義 94

  ・わんぱくな教え子たちと“兄弟ゲンカ” 97

 ○試行錯誤こそ成功への近道 100

  ・子どもたちとともに迷い悩む 102

  ・「一所懸命」は必ず人の心に届く 107

  ・「横道へ外れすぎ」という“高い評価” 110

 ○誰もが通る自由と責任の洗礼 114

  ・入試からはじまる生徒との新たな出会い 115

  ・時代を超えても変わらぬ子どもたちの個性 118

  ・和を乱したらコツンと叱る 120

  ・分をわきまえて自由を楽しむ 123

  ・人のことを思える、それが大人の証(あかし) 125

 ◆「教える」と「学ぶ」をつなげるポイント 128

第4章日常にあふれる「学び」「気づき」への横道

~未来の大人たちに知っておいてほしいこと~

 ○苦手があってこそ勉強も楽しくなる! 130

  ・自分自身のために教科書をつくろう 132

  ・きっかけは結婚式での大失敗! 134

  ・笑われたって気にする必要などない 136

  ・苦手な「話す」が大きな話題に! 139

  ・話は形よりも気持ちが大事! 142

 ○真のゆとりを生む若き日の刺激的な学び 145

  ・英語の前にまずは国語力の強化を! 145

  ・ときには必要な「詰め込み」教育 148

 ○人生の楽しさは趣味の数に比例する 152

  ・趣味で高まる人生の対応力 153

  ・どっぷりはまって、すっぱりやめる 155

  ・常に疑問のタネを探そう 158

 ◆日常生活にあふれる「横道」へのポイント 162

第5章 つまり人生とは学びの連続

   ~100年間積み重ねてきた生きる力の軌跡~

 ○人生をより豊かにするなりゆきに任せる生き方 16

  ・好きなことを好きなだけやれればいい 165

  ・生き方上手はなりゆき任せ 169

 ○時代を超えて結び合う教え子たちとの縁(えん)172

  ・出会いは必然であって偶然ではない! 175

 ○永遠に続く「銀の匙授業」の奇跡 179

  ・人間の健康は体と頭のバランスから 181

  ・灘校時代から変わりようのない人生のリズム 185

  ・食べて、飲んで、そして気づいたこと 186

  ・地球全体のことを考えてみよう 188

  ・見果てぬ夢、大還暦と『銀の匙』 192

 ◆人生をより深く楽しむ「学び」のポイント 198

あとがき 199

特別付録対談

遠藤周作(作家・昭和15年旧制灘中卒)×橋本武(伝説の灘校教師) 201

著者プロフィール

橋本武

はしもと・たけし
1912(明治45)年京都府生まれ。2012年に100歳を迎える。34(昭和9)年に東京高等師範学校(後の筑波大学)を卒業、旧制灘中学校の国語教師となる。小説『銀の匙』を中学3年間かけて読み込むという前代未聞の授業を行い、公立高のすべり止めに過ぎなかった灘校を名門進学校に導く。62年、『銀の匙』2期生が灘校初の京大合格者数日本一、さらに68年には『銀の匙』3期生が、私立高として初の「東大合格者数日本一」になる。71歳まで50年にわたり、灘校一筋で教壇に立つ。84年に退職。退職後は文筆活動を続けながら、いまだに地元のカルチャーセンターなどで現役講師として活躍する。
教え子に、作家の遠藤周作、神奈川県知事の黒岩祐治、東大総長、東大副総長、最高裁事務総長、日本弁護士連合会事務総長数など、日本の各界のリーダーがいる。
2011年、橋本氏を取材したノンフィクション『奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち』(小学館)がベストセラーになる。
著書に『教科書<国語総合>解説 古典(古文・漢文)』『橋本武のいろはかるた読本』『解説百人一首』(以上、日栄社)、『灘校・伝説の国語授業……本物の思考力が身につくスローリーディング』(宝島社)などがある。

関連書籍

ページのトップへ