日本のしきたり笑事典

発売日 2013.04.01
著者 古川愛哲
判型 新書判/並製
ページ数 232
ISBN 978-4-893-76097-5
価格 ¥756(税込)

世間で広く言われる「しきたり」には、実は眉ツバなものが少なくない。たとえば「大安=吉日」は大間違いだし、「葬儀の後の清めの塩」は本当は必要ない。本書はしきたりの「なぜ?」「どうして?」という部分に着目、「本当のしきたり」をその由来から紐解く一冊。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

著者プロフィール

古川愛哲

ふるかわ・あいてつ
1949年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部卒。東西の歴史や民俗学をはじめとする人文科学から、生理学、科学技術史まで、幅広い好奇心を持ちながら、「人間とは何か」を追求し続ける。著書に『この地名の漢字が読めますか?』『「散歩学」のすすめ』『「江戸・東京」地名を歩く』ほか多数。

関連書籍

ページのトップへ