小さな会社の経理事務がなんでもこなせる本

発売日 2008.11.19
著者 富山さつき
判型 A5判/並製
ページ数 168
ISBN 978-4-534-04471-6
価格 ¥1,512(税込)

経理担当者は、定例的な事務の仕事を正しくスピーディにこなせてこそ一人前。出納・記帳事務から給与計算、社会保険事務、年末調整、決算・申告事務まで、あらゆる経理事務の基本と処理のコツを1項目=2頁見開きでやさしく解説。読みやすくて使いやすい便利な本です。

≪章立て≫
PART1 基礎編
PART2 出納・記帳事務編
PART3 給与計算事務編
PART4 社会保険事務編
PART5 年末調整事務編
PART6 決算・申告事務編

※本書・4?6刷の内容につきまして、正誤表を用意しております。
 こちらをクリックしてダウンロードいただけますよう、お願い申し上げます。"

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

PART1 基礎編

 1 「経理」の仕事はどんなもの?  10

   ◎会社の規模や業務内容で経理業務の範囲も異なる 11

 2 「経理事務」に簿記の資格は必要?  12

   COLUMN 家計簿は単式簿記 13

 3 毎月の経理業務にはどんなことがある?  14

 4 経理事務の年間スケジュール  16

   COLUMN 繁忙期を乗り切ろう! 18

PART2 出納・記帳事務編

 5 帳簿をつくるまでの流れ1  20

   ◎「仕訳帳」のサンプル 21

 6 帳簿をつくるまでの流れ2  22

   ◎伝票から総勘定元帳までの流れ 23

 7 帳簿をつくるまでの流れ3  24

   ◎書類ごとに分類してファイルしよう 25

 8 帳簿記入のしかた  26

   ◎入金伝票、出金伝票の記入例 26

   ◎振替伝票の記入例 26

   ◎現金出納帳、預金出納帳の記入例 27

   ◎総勘定元帳の記入例 27

 9 借方・貸方に記入するルール  28

 10 ケース別・使用科目の一覧表1  30

 11 ケース別・使用科目の一覧表2  32

 12 売り上げたときの経理処理  34

   ちょこっと上級編 請求時の売上計上 35

 13 仕入れたときの経理処理  36

 14 棚卸の考え方と経理処理  38

   ◎「商品受払帳」のサンプル 38

   ちょこっと上級編 在庫だってお金だ 39

 15 入金があったときの経理処理  40

   ◎「売掛金台帳」でチェックする 41

 16 出金があったときの経理処理  42

   ちょこっと上級編 事務所を新しく借りたときの処理 43

 17 給与を支払うときの経理処理  44

   ◎「給与明細書」のモデル例 44

 18 なぜ「預かり金」で処理するのか  46

   ◎「預かり金」勘定の処理のしかた 47

 19 給与として処理しなければいけないもの  48

   ちょこっと上級編 福利厚生費と給与課税 49

 20 困ったときの処理はこうする  50

   ◎現金商売と帳簿・現金の照合 50

 21 1ヶ月をまとめた試算表の作成  52

 22 会計ソフトを使った帳簿作成  54

   ちょこっと上級編 税務調査を意識した帳簿を作成しよう 56

PART3 給与計算事務編

 23 給与計算の業務スケジュール  58

   ◎給与計算事務の年間スケジュール 59

   ◎給与計算事務の月間スケジュール 59

 24 給与計算事務を行なうための事前確認  60

 25 給与計算事務のすすめ方  62

 26 給与計算のしくみ1  64

   ◎「血族」の例/「姻族」の例 65

 27 給与計算のしくみ2  66

   ◎所得税法にいう「扶養親族等」とは 67

 28 源泉徴収する所得税の求め方  68

   ◎「源泉徴収税額表」(月額表)の使い方 69

 29 アルバイトの人からの源泉徴収  70

   ◎税額表の「月額表」を使う場合の事務の流れ 71

   COLUMN チェックリストをつくろう 71

 30 給与計算に伴う帳簿の作成1  72

   ◎給与計算事務の帳簿作成の流れ 72

   ◎各人別の「賃金台帳」のモデル例 73

 31 給与計算に伴う帳簿の作成2  74

   ◎パソコンで作成した「所得税徴収高計算書」 74

   ◎月分の「賃金台帳」(支給給与一覧表)のサンプル 75

 32 社会保険料と税金の納付  76

   ◎所得税の納付書(一般用) 77

 33 小さな会社には納期の特例がある  78

   ◎「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」の記入例 79

 34 賞与の支給と源泉徴収  80

   ◎賞与にかける率を求める税額表の使い方 81

 35 退職金の支給と源泉徴収  82

   ◎退職金の計算事務の流れ 82

   COLUMN 退職者の住民税 83

   ちょこっと上級編 報酬・料金等からも源泉徴収が必要 84

PART4 社会保険事務編

 36 社会保険とはどういうものか  86

 37 給与から控除する社会保険料の計算   88

   ◎「標準報酬月額表」(保険料額表) 88

   ◎会社負担分と本人負担分の保険料率 89

 38 社会保険料の改定と労働保険料の申告  90

   ◎労働保険料の「年度更新」のしくみ 91

 39 入社・退職時の社会保険料の徴収  92

   ◎退職と社会保険料徴収の関係 93

   ちょこっと上級編 社会保険の適用対象となる人 94

PART5 年末調整事務編

 40 なぜ「年末調整」を行なうのか  96

   ◎源泉徴収税額の合計額と年末調整の確定税額は一致しない 96

   ◎年末調整をしなくてもよい人 97

 41 年末調整事務の流れ  98

   ◎「扶養控除等(異動)申告書」の記載例 98

   ◎「年末調整」事務の基本的な流れ 99

 42 給与所得控除と源泉徴収簿の作成  100

   ◎「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」 101

   ◎「所得税源泉徴収簿」の記載例 101

 43 社会保険料控除のしくみとポイント  102

   ◎「給与所得者の保険料控除申告書」の記載例 103

 44 生命保険料控除と地震保険料控除のポイント  104

 45 配偶者控除のしくみとポイント  106

   ◎配偶者控除が受けられる配偶者の収入金額 106

 46 配偶者特別控除のしくみとポイント  108

   ◎配偶者特別控除額は階段状に減っていく 108

   ◎「給与所得者の配偶者特別控除申告書」の記載例 109

 47 扶養控除、障害者控除のポイント  110

 48 寡婦(夫)控除と勤労学生控除のポイント  112

 49 所得税の額を確定させる  114

   ◎所得税の税率表(速算表) 115

 50 所得税額から税額控除を差し引く  116

   ◎「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」のモデル例 117

 51 所得税の精算と源泉徴収票の作成  118

   ◎「源泉徴収票」の記載例 119

 52 12月の所得税の納税と住民税  120

   ◎所得税の「納付書」 120

 53 確定申告が必要な場合もある  122

 54 年末調整に関してよくあるミス  124

   ちょこっと上級編 年末調整に関するよくある質問 126

PART6 決算・申告事務編

 55 決算業務のしくみと決算仕訳  128

   ◎「期末棚卸高」と「売上原価」の考え方 129

 56 売掛金と貸倒れの処理  130

 57 減価償却は決算で行なう  132

   ◎固定資産を分類してみると 132

 58 減価償却費を計上する方法  134

 59 減価償却には特例がある  136

 60 繰延資産の償却のしかた  138

   ◎繰延資産となる費用の例 138

   COLUMN ホームページの作成費用 139

 61 前払費用と未払費用の処理のしかた  140

 62 前受収益と未収収益の処理のしかた  142

 63 決算のタイムスケジュール  144

   ◎決算の流れ 145

   ◎決算業務と日常業務は重なってくる 145

 64 所得金額の確定と税務申告  146

 65 法人税の申告のしかた  148

   ちょこっと上級編 「青色申告」の特典 148

 66 消費税の申告のしかた  150

   ◎消費税を計算するしくみ 151

   ◎簡易課税を選択した場合の納税額の簡単な求め方 151

 67 消費税の簡易課税のしくみと経理処理   152

 68 事業税と住民税の申告のしかた   154

 69 中間申告のしくみと計算方法  156

 70 償却資産申告書の作成・提出  158

   ◎おもな「償却資産」の例 158

   ◎「償却資産申告書」の書式と記載例 159

 71 給与に関する法定調書の作成  160

   ◎「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の記載例 161

 72 報酬・料金についての支払調書の作成  162

   ◎「報酬・料金等の支払調書」の記載例 163

 73 不動産の取引に関する支払調書の作成  164

   ◎「不動産の使用料等の支払調書」の記載例 165

さくいん(伝票、帳簿、書類等) 166

著者プロフィール

富山さつき

とみやま・さつき
税理士。税理士法人弓家田・富山事務所代表社員(会計部門担当)。顧問先の自計化支援業務や事業計画・予算計画の作成・導入業務に力を注ぐほか、金融機関、不動産会社等で経理・会計のセミナー講師としても活躍。著書に、『アパート・マンション経営の資金と税金でトクする法』『楽しくマスター経理の基本』などがある。

関連書籍

訂正情報

  • 平成28年度税制改正に伴う補遺(法人税関連)を用意しました

    2016.06.10

    平成28年度税制改正に伴い、弊社書籍の補遺(法人税関連)をアップしました。対象書籍ならびに対象刷は下記の通りです。

    • 経理部長が新人のために書いた経理の仕事がわかる本(ISBN:978-4-534-03873-9)、26~30刷
    • 小さな会社の事務がなんでもこなせる本(ISBN:978-4-534-04014-5)、17~18刷
    • 法人税申告書の書き方がわかる本(ISBN:978-4-534-04333-7)、13~14刷
    • 小さな会社の経理事務がなんでもこなせる本(ISBN:978-4-534-04471-6)、8~9刷
    • 法人税申告書のしくみとポイントがわかる本(ISBN:978-4-534-04666-6)、12~13刷
    • 小さな会社の総務・経理の仕事ができる本(ISBN:978-4-534-04830-1)、1~2刷
    • 最新法人税と経理処理のしくみがわかる本(ISBN:978-4-534-04832-5)、3刷
    • 税金のしくみと仕事がわかる本(ISBN:978-4-534-04853-0)、1~2刷
    • 世界一わかりやすい法人税の本(ISBN:978-4-534-04964-3)、1~3刷
    • 最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金(ISBN:978-4-534-05005-2)、2刷
  • 【法人税関連】平成27年度税制改正に伴う、弊社書籍の補遺を用意しました

    2015.05.25

    掲題の通り、平成27年度の税制改正に伴う弊社書籍の補遺を用意しました。対象書籍および対象刷は下記のとおりです。

    • 経理部長が新人のために書いた 経理の仕事がわかる本(ISBN:978-4-534-03873-9)、26~28刷
    • 小さな会社の事務がなんでもこなせる本(ISBN:978-4-534-04014-5)、17刷
    • 法人税申告書の書き方がわかる本(ISBN:978-4-534-04333-7)、13刷
    • 小さな会社の経理事務がなんでもこなせる本(ISBN:978-4-534-04471-6)、8刷
    • 法人税申告書のしくみとポイントがわかる本(ISBN:978-4-534-04666-6)、10~11刷
    • 小さな会社の総務・経理の仕事ができる本(ISBN:978-4-534-04830-1)、1~2刷
    • 最新 法人税と経理処理のしくみがわかる本(ISBN:978-4-534-04832-5)、3刷
    • 税金のしくみと仕事がわかる本(ISBN:978-4-534-04853-0)、1~2刷
    • 世界一わかりやすい法人税の本(ISBN:978-4-534-04964-3)、1~2刷
    • 最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金(ISBN:978-4-534-05005-2)、1~2刷
  • 『小さな会社の経理事務がなんでもこなせる本』訂正のお知らせ

    2012.12.14

    『小さな会社の経理事務がなんでもこなせる本』(ISBN:978-4-534-04471-6)の4〜6刷につきまして、本文中に不備がございました。

    つきましては、下記のボタンより正誤表をダウンロードいただけますよう、お願い申し上げます。
    謹んで、お詫び申し上げます。

ページのトップへ