5339a

売上につながる「顧客ロイヤルティ戦略」入門

  • 電子書籍有り
発売日 2015.12.10
著者 遠藤直紀/武井由紀子
判型 四六判/並製
ページ数 288
ISBN 978-4-534-05339-8
価格 ¥1,944(税込)

なぜ顧客満足は「お題目」で終わるのか? 顧客の行動心理を定量・定性データで分析し、顧客満足が売上に直結するアクションを導く方法論を徹底解説。「顧客価値の最大化」が「売上の最大化」に自然につながるように経営を変革する時の羅針盤となる一冊。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
プロローグ 顧客満足が高いのに競合に勝てないワケ
ステップ1 良い売上にフォーカスする
ステップ2 顧客を怒らせる方法を考える
ステップ3 顧客の声を集める
ステップ4 顧客は6タイプに分けて考える
ステップ5 顧客の行動はウソをつかない
ステップ6 顧客と共に改善する
ステップ7 顧客志向文化を形成する
おわりに

著者プロフィール

遠藤直紀/武井由紀子

えんどう・なおき
株式会社ビービット代表取締役。横浜国立大学経営学部卒。ソフトウエア開発会社を経てアンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。通信会社のインターネット活用戦略立案、開発支援に従事した後、2000年3月ビービット設立。


東京・台北・上海の3拠点にてユーザ中心アプローチにより企業のデジタルマーケティングを支援。大企業を中心に延べ500社以上にサービスを提供。近年は人口減少の市場環境にあって、中長期の顧客価値最大化を目指した長期顧客志向経営こそが現代企業の生き残りの鍵であると提唱。2012年よりこの信念に基づく顧客ロイヤルティ創出、カスタマー・エクスペリエンス改善サービスを大手企業を中心に提供している。


著書に『ユーザ中心ウェブサイト戦略』(SBクリエイティブ)、『ウェブ・ユーザビリティルールブック』(インプレス)。TEDxUTokyo2014にて「貢献志向の仕事」講演。経済同友会会員。


 


たけい・ゆきこ
株式会社ビービット取締役。早稲田大学政治経済学部卒。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)にて金融機関の組織戦略立案や官公庁のシステム開発・定着化に従事した後、ビービット設立に参画。ビービットでは金融機関、製造業、大手メディア等のデジタルマーケティングのコンサルティング、および顧客ロイヤルティ創出の方法論開発、サービス提供に携わり実績をあげている。


著書に『ユーザ中心ウェブビジネス戦略』『ユーザ中心ウェブサイト戦略』(共にSBクリエイティブ)、『ウェブ・ユーザビリティルールブック』(インプレス)。

関連書籍

ページのトップへ