気の利いたモノの言い方・伝え方

「私の言うことって、どうしてうまく伝わらないのだろう」
「あのとき言ったことで、なぜムッとされたのだろう」
言葉は、自分が思っていた通りに受け取られないもの。職場で、あるいは別の場所で上にあるような思いをした人も多いのではないでしょうか。

そこで、テレビ朝日を退社後、フリーアナウンサーや話し方講座の講師として活躍する渡辺由佳氏が「なぜ、この言い方はダメなのか」「どのように言い換えれば好感を得られるのか」を改善前後の対比で解説!

今日から「ちょっと感じのいい人」と思われる、話し方のワンポイントを解説します。
(毎月第3金曜日更新予定)

著者プロフィール

渡辺由佳(わたなべ・ゆか)

1964年、東京都生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。テレビ朝日にアナウンサーとして入社。報道から社会情報番組まで多数の人気番組を担当。1993年に独立。以後、フリーアナウンサー、話し方講師としての活動を始め、テレビ朝日アナウンサースクールやシェリロゼ(自分磨きスクール)で指導を行なうほか、「ビジネスマナー」「コミュニケーション」「ビジネスメール」をテーマに企業向けのセミナー講師も務める。2016年より大妻女子大学文学部非常勤講師を務める。

著書に、『会話力の基本』(日本実業出版社)、『スラスラ話せる敬語入門』『サクサク書けるビジネスメール入門』(以上、かんき出版)、『気の利いた「ひと言」辞典』(講談社)などがある。

ブログ:渡辺由佳の素敵なことば探し
http://ameblo.jp/sutekinakotoba/

空気を変える、行き詰まった場面でのひと言

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/12/21 11:46

(photo by Freedomz/fotolia)

会議の席で、議題の結論がなかなか出なかったり、何もよいアイデアが出なかったりしたときは、その場の空気がとても重くなるものです。そのようなときに、その場の空気を一変させるような気の利いたひと言が言えると、その人の株は、間違いなく上がるはずです。

【改善前】

今日はもうだめだから、明日にしよう!

【改善後】

明日になったら、さなぎが蝶になるかもしれないね。

比喩を上手に活用する

議題が行き詰まってしまったようなときには、比喩を用いたひと言がおすすめです。「今日はだめだから、明日にしよう!」と言うと、今日という日の会議の意味がなくなってしまう印象を与え、明日に向けてのモチベーションが下がる言い方です。

一方、「明日になったら、さなぎが蝶になっているかもしれませんから、続きはまた明日で」と言うと、明日には何か素晴らしいアイディアが生まれそうな予感がします。その他にも、「ちょっと焦げ付き始めたので、少し休憩にしましょうか」「各部に持ち帰って、少し熟成させてきましょうか」など、料理やワインになぞらえると、そのセンスのよい表現に聞き手の心も和らぎ、次の展開にも移りやすくなるでしょう。

あえて、ボケたひと言も

話術の1つに、ボケと突っ込みというテクニックがあります。私の話し方講座の生徒さんの話です。東京と栃木を結ぶテレビ会議に出席した際、テレビの向こうのメンバーがなかなか集まらず、イライラした空気が漂い始めました。そのとき、「時差ですかね」とわざとボケたひと言を言って、その場を和ませることができたということです。

行き詰まってしまったときにこそ、センスのよいひと言でその場の空気を和ませたいものです。


本連載は、企業の総務・経理・人事向け月刊専門情報誌「企業実務」から一部編集のうえ転載したものです。ご購読・見本誌をご希望、お問い合わせにつきましては下記バナーをクリックしてください(関連会社のサイトに遷移します)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

好かれる人が絶対しないモノの言い方

ちょっとしたひと言で、誤解や気持ちのすれ違いはスッキリなくなる! 言葉が生まれる前の「気持ち」をていねいに掘り下げながら、相手に好印象を与える「モノの言い方」を、NGとOKを対比し、どのように言い換えればよいのかを解説します。

著者:渡辺由佳

価格:¥1,300-(税別)

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、
弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

ページのトップへ