イラスト図解 スマート工場のしくみ

発売日 2018.08.30
著者 松林光男 監修/川上正伸、新堀克美、竹内芳久 編著
判型 A5判/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-534-05612-2
価格 ¥1,980(税込)

ドイツ発インダストリー4.0、米国発IIC等の影響で世界の製造業が変わる! 日本の工場がグローバル競争で生き残るため、IoT、AI、RPA等をモノづくりにどう活かすか、基礎知識から今後の課題までやさしくイラスト図解。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
1章 工場経営とモノづくりのしくみ
2章 工場の業務を支える基準情報と情報システム
3章 最新サプライチェーンのすべて
4章 モノづくりを支える大切な機能と世界の最新事情
5章 工場におけるIoTの活用
6章 工場におけるAI、ビッグデータ、RPAの活用
7章 製造業が勝ち残るためのグローバルIT戦略 

著者プロフィール

松林光男 監修/川上正伸、新堀克美、竹内芳久 編著

まつばやし・みつお


ワクコンサルティング代表取締役、技術士(経営工学)、早稲田大学理工学部卒業。日本IBM、SAPジャパン、日本ビジネスクリエイトにて、生産部門やコンサルティング部門の要職を歴任。2003年、ワクコンサルティングを設立。


かわかみ・まさのぶ


ワクコンサルティング元副社長執行役員。鹿児島大学工学部卒業。日本IBMにて生産管理・生産技術部門に従事した後、IBM公認シニアコンサルタントとして製造業顧客の業務改革を支援。2006年よりワクコンサルティングに参画。


にいほり・かつみ


ワクコンサルティングエグゼクティブコンサルタント。東京都立大学理学部数学科卒業。日本IBM藤沢工場にシステムエンジニアとして入社、HDD事業部CIOを経て、2003年i-SA&Cを設立。


たけうち・よしひさ


ワクコンサルティング、エグゼクティブコンサルタント。早稲田大学理工学部卒業。日産自動車、米国HONEYWELL、ジャパンインダストリアルソリューションズにて製造会社の改善・改革に様々な立場で従事。2018年よりワクコンサルティング(株)に参画。

関連書籍

ページのトップへ