「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方

発売日 2018.05.31
著者 山田和美
判型 四六判/並製
ページ数 215
ISBN 978-4-534-05591-0
価格 ¥1,728(税込)

終活ブームの影響で、「法律要件を満たしていない」「遺族がもめやすい検討事項が解決されていない」といった「残念な遺言書」が急増中。笑うに笑えない実例を示しながら、相続のプロが「ちゃんとした遺言書」にするためのポイントをわかりやすく解説!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

プロローグ
1章 残念な実例1 そもそも無効な遺言書
2章 残念な実例2 争いのもとになる遺言書
3章 残念な実例3 税務リスクのある遺言書
4章 残念な実例4 「わだかまり」をのこす遺言書
5章 残念な遺言書を書かないために知っておきたいポイント
エピローグ

著者プロフィール

山田和美

やまだ・かずみ


行政書士。1986年生まれ。愛知県出身。大学在学中に行政書士、CFP、宅建資格を取得。大学卒業後、名南司法書士法人に入社し、日本で初めてエンディングノートを編み出した相続手続き支援センターの東海支部を担う部署に所属。「終活」という言葉が一般的になる前から、相続、終活、エンディングノートの事業に従事。


その後、名南税理士法人に転籍し、主に業承継サポートを担当(税理士試験の相続税法は合格済)。2014年に愛知県一宮市で独立。なごみ行政書士事務所を開業し、代表に就任。相続案件を中心に業務を受注し、相続セミナー(日本FP協会、紀陽銀行、岐阜県司法書士会など年間50回超)やコンサルティングなどに積極的に取り組む。相続に関する相談件数は年平均100件超。著書に『お金の終活』(すばる舎)がある。

関連書籍

ページのトップへ