簿記のしくみが一番やさしくわかる本

発売日 2017.04.13
著者 高下淳子
判型 A5判/並製
ページ数 223
ISBN 978-4-534-05490-6
価格 ¥1,540(税込)

仕訳から決算まで、簿記検定テキストでは教えてくれない「簿記」の全体像が理解できます。仕訳と決算書作成の流れを同時に理解する「T/Bメソッド」で、仕訳のカベも簡単にクリア。経理担当者だけでなく、あらゆるビジネスマンにとって有益な一冊!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

まえがき
序章 仕訳から決算までが一気にわかる:「T/Bメソッド」
第1章 「T/Bメソッド」で仕訳をマスター
第2章 まずは、「現預金」の取引を完全マスター
第3章 「掛け」による取引――第1ハードル
第4章 「棚卸資産」と「売上原価」――第2ハードル
第5章 「振替取引」と「内部仕訳」――第3ハードル
第6章 仕訳と「消費税」の知識――どうしても不可欠!
第7章 実務で必須の税務知識と「複合仕訳」
終章 T/Bメソッドで決算書を作成してみよう

著者プロフィール

高下淳子

こうげ・じゅんこ
税理士・米国税理士・CFP(R)。外資系コンサルティング会社(監査法人)に勤務ののち独立開業。現在、税務会計顧問業、経営コンサルティング業のほか、全国各地の金融機関、シンクタンク、商工会議所、各種同業者団体、企業等の講演・セミナー講師としても活躍中。講演テーマは広く、経営幹部、後継経営者、新入社員、営業担当者、経理担当者などを対象としたきめ細かい指導と、明快かつ、わかりやすい実践的講義には定評がある。

関連書籍

ページのトップへ