情報セキュリティの基本

発売日 2017.03.16
著者 島田裕次
判型 A5判/並製
ページ数 215
ISBN 978-4-534-05484-5
価格 ¥1,870(税込)

情報セキュリティの考え方、サイバー攻撃の手口、情報漏えいの原因、ウイルス対策、不正送金対策などの基本事項から、セキュリティ対策の立て方・体制のつくり方、リスク評価、情報セキュリティ監査の受け方など実践的な手法までをやさしく解説しています。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 そもそも情報セキュリティとは何なのか?
第2章 会社をつぶさないための情報セキュリティの基礎知識
第3章 すぐに手をつけるべき、情報セキュリティ対策の実践
第4章 情報セキュリティ対策の立て方・体制の作り方
第5章 リスク評価とリスク対応
第6章 一人ひとりの実践がポイント
第7章 情報セキュリティ監査の受け方

著者プロフィール

島田裕次

しまだ・ゆうじ


東洋大学総合情報学部教授、博士(工学)。公認情報セキュリティマネージャー(CISM)、公認情報システム監査人(CISA)、公認内部監査人(CIA)、システム監査技術者(経済産業省)、情報処理技術者試験委員。


1979年早稲田大学政治経済学部卒業。同年、東京ガス株式会社に入社。同社システムセンター、本社経理部、システム総務、監査部マネジャーなどを経て現職。著書に『よくわかるシステム監査の実務解説』『リスク図による情報セキュリティ監査の実践』(以上、同文舘出版)、『情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務(編著)』『ISO27001規格要求事項の解説とその実務(共著)』(以上、日科技連出版社)、『情報倫理』(共著、有斐閣)などがある。

関連書籍

ページのトップへ