図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

発売日 2005.04.06
著者 田渕直也
判型 A5判/並製
ページ数 256
ISBN 978-4-534-03894-4
価格 ¥2,592(税込)

ランダムウォーク理論、行動ファイナンス理論など投資家を魅了し続ける「市場理論(=錬金術)」について、豊富な図解を用いて網羅的に解説する他に類を見ない初めての実務書。金融実務家、一般投資家など投資や市場に関わるすべての関係者にとって待望の本!

≪章立て≫
第1章 マーケットとは何か? 投資とは何か?
第2章 ランダムウォーク理論が示唆する投資の虚無的な世界
第3章 行動ファイナンス理論が示唆するマーケットの非効率の存在
第4章 マーケットにひそむ落とし穴
第5章 恐るべき“敗者のゲーム”のルールとは
第6章 マーケットにわずかに存在する期待リターンの源泉と投資手法
第7章 投資での成功に必要なもの

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

第1章 マーケットとは何か? 投資とは何か?

 ・マーケットは不思議で魅力的な世界

 ・マーケット構造を解明する理論的アプローチの流れ

 ・投資における最大の難問~必然なのか偶然なのか

 ・実績パフォーマンスの意味と問題点

 ・期待リターン~投資家がコントロールできる唯一のこと

 〈コラム1〉 経済学は投資に役立たない?

第2章 ランダムウォーク理論が示唆する投資の虚無的な世界

 ・ランダムウォーク理論とは

 ・ランダムウォーク理論への反論とそれに対する反論

 ・ランダムウォーク世界では何が起こるのか

 ・現実のマーケットは何処まで効率的か?

 ・マーケットは、人が感じる以上にランダムウォークに近い

 ・マーケットがかなり効率的になる理由

 ・しかし完全には効率的にならない

 ・市場の効率性は成熟度で決まる

 ・ランダムウォーク理論の位置づけと重要度

 〈コラム2〉 高名な投資家たち

第3章 行動ファイナンス理論が示唆するマーケットの非効率の存在

 ・行動ファインスとは?

 ・トレンドの過小評価~ギャンブラーの誤謬

 ・プロスペクト理論

 ・リスク・プレミアムの登場

 ・自己関与の幻想

 ・勝った気になってしまうメカニズム

 ・投資におけるゲンかつぎの意味

 〈コラム3〉 プロスペクト理論

第4章 マーケットにひそむ落とし穴

 ・ファンダメンタルズ分析の罠

 ・テクニカル分析の罠

 ・損切りができない~最も危険で最も陥りやすい罠

 〈コラム4〉 物理学はとても神秘的

第5章 恐るべき“敗者のゲーム”のルールとは

 ・一般的な“敗者のゲーム”の定義

 ・本当の“敗者のゲーム”

 ・投資は巨額損失の押し付け合い

 ・投資における逆ハンディキャップとプロ/アマの差

 ・投資の学習曲線

 ・投資は人間の本性との戦い

 〈コラム5〉 博打の必勝法──マーチンゲール?

第6章 マーケットにわずかに存在する期待リターンの源泉と投資手法

 ・期待リターンがプラスの投資機会

 ・ランダムでないトレンドとミーン・リバージョン

 ・罠に陥りやすいスタティック・アプローチ

 ・ダイナミック・アプローチの登場

 ・マーケット・アプローチの概要

 ・キーファクター・アプローチの概要

 ・仮説検証型シナリオ・アプローチの概要

 ・ダイナミック・アプローチの伝道師

 ・難易度の高いミーン・リバージョン戦略

 ・ランダムでないトレンドとミーン・リバージョンに適した投資家

 ・重要性が高いリスク・プレミアム

 ・リスク・プレミアムにおける分散投資の意味

 ・リスク・プレミアムの測定

 ・リスク・プレミアムの周期性

 ・リスク・プレミアムにおける長期投資の意味

 ・リスク・プレミアム投資に適した投資家

 ・投資の王道、アービトラージ

 ・アービトラージ戦略に適した投資家

 ・ヘッジファンドに見る勝ち組の投資手法

 ・オポチューニスティック・スタイルへの展開

 ・オポチューニスティックの対抗馬、深彫りストラテジー

 〈コラム6〉 数字の神秘

第7章 投資での成功に必要なもの

 ・投資に必要な資質

 ・前提となる二つの条件

 ・信念と柔軟さのバランス

 ・投資に必要な発想法

 ・自分だけの投資戦略とマハン大佐の教え

 〈コラム7〉 勝敗を分けるもの

著者プロフィール

田渕直也

たぶち・なおや
1963年生まれ。85年一橋大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。デリバティブのディーリング、ポートフォリオマネジメント等に従事。その後、海外証券子会社であるLTCB International Ltdを経て、金融市場営業部および金融開発部次長。銀行本体のデリバティブ・ポートフォリオの管理責任者を務める。2000年にUFJパートナーズ投信(現・三菱UFJ投信)に移籍。現在はミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役。著書に『入門実践金融 デリバティブのすべて『世界一やさしい金融工学の本です』(ともに日本実業出版社)などがある。

関連書籍

ページのトップへ