トレードによって資産額1億円を達成した人のことを、俗に「億り人(おくりびと)」といいます。そのような呼称が生まれるくらい「投資で1億の資産を作る」という壁は高く険しいと同時に、いつかは超えたいものでもあります。

ところで、「投資家が『1億の壁』を超えるにあたって最も必要とされるものとは?」と聞かれたとき、あなたはなにを思い浮かべるでしょうか?

知識や技術、経験など、答えは人によって異なると思います。では、「億り人」はどう考えるのか? 日本株を専門に取り扱い、億越えを果たした堀哲也氏の著書『日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法』(以下、本書)から、堀氏が考える「答え」を紹介します。

投資でもギャンブルでも、金が絡んだ途端に失われるモノ

堀氏は「勝ち続けている投資家は例外なく自己コントロールができている」として、次のように説いています。

株式投資で最も大事な能力はなんでしょうか? 知識? 経験? 技術? どれでもありません。それは、どのような事態になろうと常に冷静に判断できる能力です。

当たり前の話ですが、株式投資はお金が絡みます。ギャンブルなどもそうですが、人間はお金が絡むと冷静に行動できなくなることがあります。株式投資の世界で儲けているヘッジファンドや証券会社等の大口投資家は、自分たちが儲けるために、あらゆる方法を使ってあなたを含めた個人投資家の冷静さを奪いにきます

(中略)

しかし、後から冷静に考えてみると、なんでこんなところでこの株を売った(買った)のだろうと思うのです。株式投資の世界で儲け続けたいのであれば、決してこのような投資をしてはいけません。株価は、世界中の人間の心理によって作られますが、あなた自身は冷静に客観的に会社と株価を見続けなければならないのです。

(本書 P.169-170より。太字は編集による追加)

一般に「FXや先物などはゼロサムゲーム、株は非ゼロサムゲーム」と言われているとおり、株式市場では必ずしも他者の利益を無理に奪わなくても利益を上げることができます。しかし、ヘッジファンドなどの大口機関投資家は、他の参加者(主に個人投資家)の利益を奪うことでさらに収益をあげられるため、強引な売買を仕掛けてくることが少なくありません。

「自分の資産が目減りしていく恐怖」というのは非常に多大なプレッシャーですが、堀氏は「そのようなとき、冷静さを失うことなく市場に立つことができるかできないかが、億り人になれるかなれないかを決める」と語っています。

※ゼロサムゲーム:「ゲーム理論」という経済理論における用語で、参加者の総得点と総失点の和がゼロになるような状況を指す。このとき、誰かがプラス(得)になると、相対したもう一方はマイナス(損)を被る。

冷静さを失わないための「4つの鉄則と9つの実践」

では、冷静さを失わずにトレードするには、どのようにすればいいのか。同書で堀氏が提唱している「4つの鉄則と9つの実践」から、いくつかピックアップしてご紹介しましょう。

tessoku
本書よりP.175、189の画像を引用のうえ編集