4164

子連れ離婚を考えたときに読む本

発売日 2006.12.20
著者 新川てるえ
判型 四六判/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-534-04164-7
価格 ¥1,512(税込)

離婚にあたっての子どもとの向き合い方、子どものことを考えた養育費・親権・面接交渉のあり方などを紹介する初の「子連れ」離婚本。離婚の準備・手続きやお金のこと、母子に対する支援策の利用法も詳細に解説。先輩シングルマザーの役立つアドバイスも満載。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

著者プロフィール

新川てるえ

しんかわ・てるえ
NPO法人Wink理事長。1964年東京生まれ。10代でアイドルグループのメンバーとして芸能界にデビュー。その後、2度の結婚、離婚経験を生かし97年12月にインターネット上でシングルマザーのための情報サイト「母子家庭共和国」を主宰。2002年、家庭問題に悩む女性の自立を支援するNPO法人Winkを設立。現在は、家族問題コメンテーター・カウンセラーとして、雑誌やテレビなどに多数出演。「子どもの健全育成のために大人世代の責任の全う」を目標に、活動を展開中。厚生労働省・母子家庭施策のオブザーバー、東京都DV一時避難施設の契約カウンセラーなども行なう。主な著書に『離婚後の親子関係サポートBOOK』(ひつじ書房)、『できる!シングルマザー生活便利帳』(山海堂)がある。

関連書籍

ページのトップへ