「マイナンバー制度」最新情報

「マイナンバー制度」が、2016年1月、いよいよ開始されます。どの企業にも同制度への対応を求められているため、残された時間を考えると「待ったなし」の状況です。
この連載コラムでは、制度に詳しい専門家グループが、企業の実務担当者のみなさんに向けて、動き始めた制度の最新情報を全12回にわたって解説します。

【執筆:社会保険労務士法人 名南経営】
名南コンサルティングネットワーク(名古屋市)のメンバーファームの1つとして人事労務の分野で企業等を支援。社会保険労務士事務所としては全国でも有数の規模を誇る。
『マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本』(日本実業出版社)など著書多数。
詳細は下記「著者プロフィール」をご覧ください。

著者プロフィール

社会保険労務士法人 名南経営

名南コンサルティングネットワーク(名古屋市・グループスタッフ数426名〈2015年1月現在〉)のメンバーファームの1つとして、人事労務の分野で企業等を支援。社会保険労務士事務所としては、全国でも有数の規模を誇る。

主な得意分野は、コンサルティング(人事制度改革・就業規則整備・人事労務の業務改善・株式上場に伴う労務環境整備・マイナンバー導入環境整備等)、アドバイザリー(人事労務相談顧問・労働トラブル対応・労働基準監督署調査対応・海外人事労務等)、労務監査、人事労務アウトソーシング。

所属メンバーによる専門書籍は20冊を超え、専門誌への連載も多数。講演や企業内研修も年間100件を超えており、東海地区を中心に全国各地の企業等からの様々なニーズに対応している。情報発信も積極的に行なっており、WEBサイト「roumu.com」は人
事労務分野では業界トップレベルのアクセス数を誇り、メルマガやブログ等における企業の人事労務担当者の視点に合わせた最新情報の提供は好評。2015年6月現在のスタッフ数は25名(社会保険労務士登録者数9名、有資格者9名)。

住所 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦二丁目4番15号 ORE錦二丁目ビル5階
電話 052-229-0730
http://www.roumu.co.jp  http://www.roumu.com

「改正マイナンバー法」で何が変わる?【連載 第1回】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/09/14 11:21

名南経営 presents ─vol.1─

2016年1月のマイナンバー制度の開始が、いよいよ近づいてきました。2015年10月以降には、住民票をもつ国民1人ひとりに、10月5日時点の住民票所在地へ紙製のマイナンバー通知カードが簡易書留によって郵送されることになっています。

利用分野が拡がるマイナンバー

そんななか、先日、マイナンバーの運用の根拠となる法律が改正されたことは記憶に新しいのではないかと思います。現時点では、マイナンバー制度は「税分野」「社会保障分野」「災害対策分野」の3つの分野で運用されることになっていますが、この改正マイナンバー法によってそれが拡大され、「金融」や「医療」の分野でも利用されることになります。具体的な改正点を以下にご説明しましょう。
 
まず、「金融」の分野では、2018年1月より、任意で預金口座へのマイナンバーの紐づけが行われます。国が、複数の金融機関の口座を横断して金融資産を把握することができるようになることから、脱税や生活保護の不正受給の防止等といった点で有効と考えられています。

もっとも、金融資産がガラス張りになること対して抵抗感を持つ人も少なくないのが現状で、果たして、どの程度の数の国民がマイナンバーを任意で追記してくれるのかという疑問も生じています。そのため、マイナンバーに紐づけられた金融機関の口座が少なければ、2021年以降に義務化にすることも検討されています

また、「医療」の分野では2つの管理が行なわれます。2016年1月以降に行われる、いわゆるメタボ検診といわれる特定検診の履歴と、2017年から行われる予防接種の履歴のマイナンバーへの紐づけです。このような管理を行なうことによって、引越しや転職をした際に、それまでの情報が引越し先の自治体に引き継がれるため、自治体から無駄な案内を行なう必要がなくなると同時に、不要な医療費等を削減できるものと考えられています。

さらに、将来に向けて、病気等の履歴を把握できるようにすれば、不必要な投薬や、重複受診に伴う二重検査等を防止することができ、さらなる医療費の削減に貢献するものと期待されています。

なお、政府は2014年5月に発表したIT総合戦略本部の分科会の資料のなかで、戸籍事務や自動車登録等にもマイナンバーの利用を拡大していく方向性を示しています。これにより生活面で様々な手続きがワンストップ化され、利便性が高まることが期待されていますが、一方で、先日の日本年金機構における情報漏えい問題もあることから、慎重に議論が行われています。

(次回は9月28日・月曜日に配信予定)


名南 服部様写真

【執筆者プロフィール】
社会保険労務士法人 名南経営
社会保険労務士 服部英治

1972年岐阜県出身。大手社会保険労務士事務所を経て1999年に入社。名南コンサルティングネットワークのトップコンサルタントの一人として、全国各地でクライアント企業の労務コンプライアンス支援(労務監査)、IPO支援、人事制度改定支援、各種人事労務相談等に応じている。医療福祉業界や運送業界の人事労務に精通、他にも海外人事労務等を得意としている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本

2016年1月から本格的な運用が始まるマイナンバー制度の、業務フローと実務のポイントを、企業の総務・人事労務担当者の視点で解説。本書を手元に置いておくことで、マイナンバー制度を円滑に導入することができる。対応準備は、この1冊があればOK!

著者:社会保険労務士法人 名南経営

価格:¥1,600-(税別)

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、
弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

ページのトップへ