マンガでわかる 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉

  • 電子書籍有り
発売日 2019.10.19
著者 平山枝美 著/たかうま創 作画/新田哲嗣 シナリオ
判型 四六判/並製
ページ数 173
ISBN 978-4-534-05730-3
価格 ¥1,430(税込)

2015年の発行以来、多くの販売員に読まれてきた接客のバイブルがマンガ化し、さらに読みやすくなって登場。売れる販売員とそうでない販売員の違いは「接客の言葉」にある。マンガを読むだけで、「あなたから買いたい」と思わせる言葉づかいが身につく。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

マンガを読むだけで「売れる販売員」になれる――はじめに
PROLOGUE
第1章 最初のお声がけは難しくない
第2章 答えづらい質問はしない
第3章 お客様が聞きたくなる商品説明のコツ
第4章 決め手になる言葉でひと押しする
EPILOGUE
「接客の言葉」に気持ちを込めて――おわりに

著者プロフィール

平山枝美 著/たかうま創 作画/新田哲嗣 シナリオ

ひらやま・えみ


接客アドバイザー。大学卒業後、アパレル企業に入社。入社当初は売り場でまったく声をかけられずに棒立ちしていたものの、売れる販売員は接客の「ひと言」を効果的に使っていることに気づく。以来、接客のひと言に磨きをかけ、社内全販売員200人の売上トップに。その後、店長として新規店を担当し予算比180〜200%達成し、入社最速でエリア・マネジャーに抜擢される。


担当店舗のマネジメントと店長の育成を担当しながら、不採算店舗を次々と立て直し、売上年間10位だった既存店を1位に押し上げるなどの実績を残す。その手腕を活かし、全国の店長育成を担当。大手アパレル移籍後も、店長の育成に携わったのち独立。現在は、無印良品(良品計画)、大型商業施設、インテリア小売店など、アパレルに留まらず小売業全般の接客アドバイスを手がける。


現場の販売員の悩みを熟知したアドバイス・研修は、「言われたとおりに接客したら売上アップした」などと好評で、満足度アンケートで最高評価98%と現場の販売員から人気を誇る。雑誌『ファッション販売』などに寄稿。著書に『売れる販売員が絶対言わない接客の言葉』(日本実業出版社)がある。


たかうま・はじめ


『くろねこルーシー』作画(KADOKAWA)にてデビュー。大阪アミューズメントメディア専門学校・マンガ学科にて講師を務める傍ら、小説の挿画やビジネス書籍のマンガなど幅広く活躍。作画を担当した作品は『サバイバル! 炎上アイドル三姉妹がゆく』(創元社)、『マンガで学ぶ はじめてのエクセル』(マイナビ出版)ほか多数。


にった・あきつぐ


劇作・演出家、演技コーチ、シナリオライター。日本放送作家協会会員。実用書、マンガシナリオを中心とした執筆活動のほか、舞台演出・脚本を多数手がけ、演技指導も行なう。演技術の研究サロン「Dialogue Design Lab」を主宰。主な作品に『出口汪のマンガでわかる論理的に話す技術』(SBクリエイティブ)。

関連書籍

ページのトップへ