老後になって後悔しないために、知っておくべき88のこと

発売日 2019.09.05
著者 山﨑武也
判型 四六判/並製
ページ数 208
ISBN 978-4-534-05717-4
価格 ¥1,512(税込)

10年前がちょっと昔のことに思えるように、老後は気づかぬうちにやってくる。「もっと○○しておけばよかった……」とならないために、人生を最後まで味わい尽くすために、知っておくべき老後にまつわる「誤解」と「リアル」、そしてやっておくべきこと。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
プロローグ 老後になって変わること
第1章 「もっと準備しておけばよかった」と後悔しないために
第2章 「もっと人づきあいを大事にしておけば」と後悔しないために
第3章 「もっと金があればよかった」と後悔しないために
第4章 「もっと夫婦仲よくしていればよかった」と後悔しないために
第5章 「もっと子供と一緒に過ごせばよかった」と後悔しないために
第6章 「もっと身体に気をつけるべきだった」と後悔しないために
第7章 「もっと人生味わえばよかった」と後悔しないために
第8章 「生きがいがない」と後悔しないために
第9章 老後になってからでも、まだ間に合う
第10章 老後だからできること、やるべきこと

著者プロフィール

山﨑武也

やまさき・たけや


広島県生まれ。1959年東京大学法学部卒業。ビジネスコンサルタントとして国際関連業務に幅広く携わるかたわら、茶道など文化面でも活動を続ける。仕事術、仕事にまつわる人間関係などのビジネス書での著作が多い。著書に『信用される人が絶対にやらない44のこと』(日本実業出版社)、『「気の使い方」がうまい人』『ちょっとしたことで「かわいがられる」人』『持たない贅沢』(いずれも三笠書房)、『外国人は日本文化の「何」を知りたがっているのか』(淡交社)、『弁護士に依頼する前に読む本』(日本経済新聞出版社)などをはじめ多数ある。

関連書籍

ページのトップへ