会計と決算書がパズルを解くようにわかる本

発売日 2018.08.09
著者 戸村涼子
判型 四六判/並製
ページ数 208
ISBN 978-4-534-05611-5
価格 ¥1,512(税込)

「会計」に苦手意識を持っていたり、とっつきにくいと思う人は少なくない。その原因である(1)「目的」がわからない、(2)「全体像」がわからない、(3)専門用語が頭に入ってこないの3つを解決! 会計の苦手意識を取り除きながら、パズル感覚で理解できる本です。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
プロローグ なぜ、「会計」に苦手意識を持っている人は多いのか?
第1章 会計の「目的」と「全体像」を理解しよう
第2章 これだけは知っておきたい「会計」の基礎知識
第3章 決算書は「目的」と「つながり」から読み解こう
第4章 「決算書」と「税金」の切っても切れないつながり
第5章 「数字」を活かして、意思決定しよう
おわりに

著者プロフィール

戸村涼子

とむら・りょうこ


税理士。戸村涼子税理士事務所代表。1978年東京都新宿区四ツ谷出身。大学卒業後、会計事務所に勤務。子育てのために休職後、外資系企業数社および日系上場メーカーにて経理業務を担当、税理士法人にて外資系企業の顧問業務に携わる。子育てと仕事を並行しながら、税理士試験の勉強に注力する。2015年に税理士登録をした後、2016年独立。クラウド会計専門の税理士として、中小企業、ネットビジネス、海外取引、副業を強みに、アドバイザリー業務に特化している。


平日に毎日更新しているブログでは、税務・会計にとどまらず、独自の視点からこれまでの経験を踏まえた仕事観を中心とした情報提供を行って、幅広い読者から共感を得ている。共著書に『十人十色の「ひとり税理士」という生き方』(大蔵財務協会)がある。


 

関連書籍

ページのトップへ