働き始めた君に伝えたい「仕事の基本」

発売日 2018.03.23
著者 江口克彦
判型 四六判/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05573-6
価格 ¥1,540(税込)

松下電器創業者・松下幸之助の側近として23年間働き、仕事の仕方、考え方を叩き込まれた江口氏が、社会人1年目に向けて、押さえておきたい行動ノウハウを22項目に厳選して伝授。実践すれば、社内の、人生の階段を着実に上がっていかれます。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

1 「楽屋」から「舞台」へ出る。
2 単純な仕事を大事にする。
3 プラスアルファの仕事をする。
4 迅速・正確・丁寧である。
5 挨拶をする。
6 「できない」と言わない。
7 目で話を聞く。
8 「メモ力」をつける。
9 「かくれんぼう」を大事にする。
10 能力は、ほどほどでいい。
11 誠実である。
12 すぐに反応する。
13 「同じ話を聞く力」を持つ。
14 ため口で話をしない。
15 上司の先回りをする。
16 目標を立てる。
17 信念を持つ。
18 真似て、学んで、独自をつくる。
19 昨日の自分と比較する。
20 失敗することはない。
21 要領よく、仕事をする。
22 「人間大事」から、考える。

著者プロフィール

江口克彦

えぐち・かつひこ


株式会社江口オフィス 代表取締役社長。
1940年、名古屋市生まれ。愛知県立瑞陵高校、慶應義塾大学法学部政治学科出身。故・松下幸之助氏の直弟子とも側近とも言われている。23年間、ほとんど毎日、毎晩、松下氏と語り合い、直接、指導を受けた松下幸之助思想の伝承者であり、継承者。松下氏の言葉を伝えるだけでなく、その心を伝える講演、著作は定評がある。現在も講演に執筆に精力的に活動。経済学博士でもある。参議院議員、PHP総合研究所社長、松下電器理事、内閣官房道州制ビジョン懇談会座長などを歴任。


著書に『凡々たる非凡―松下幸之助とは何か』(H&I社)、『松下幸之助はなぜ成功したのか』『ひとことの力―松下幸之助の言葉』『部下論』『上司力20』(以上、東洋経済新報社)、『地域主権型道州制の総合研究』(中央大学出版部)、『こうすれば日本は良くなる』(自由国民社)など多数。

関連書籍

ページのトップへ