「余命3か月のフランス料理店」を再生させた26の経営レシピ

発売日 2018.02.16
著者 氏家秀太
判型 四六判/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-534-05562-0
価格 ¥1,620(税込)

普通の女子高生が「余命3か月」と宣告された赤字レストランを経営再建するビジネス小説です。5F分析、STPなどの基礎理論、客選び、原価や人員の考え方、リピート率の上げ方、競合店との戦い方など、店舗経営の本質と実践ノウハウを学ぶことができます。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

プロローグ
EpisodeⅠ 今の現実を知り、問題意識をもつ
EpisodeⅡ 「売れる仕組み」について学ぶ
EpisodeⅢ 付加価値のつくり方を学ぶ
EpisodeⅣ ライバルとの戦い方を学ぶ
エピローグ

著者プロフィール

氏家秀太

うじけ・しゅうた


ビジネスコンサルタント、空間プロデューサー、キャスターとして活躍中。フォロインプレンディ株式会社代表取締役社長、株式会社中央経営研究所代表取締役社長。NPO法人フードビジネスマネージャー協会理事長、中小企業診断士、行政書士、宅地建物取引士、調理師などの資格を持つ。


人気飲食店やスイーツをプロデュースするなど、手掛けた案件は2,000件以上。また、300店を超える赤字店を黒字店に立て直し、メディアでは「食文化の仕掛け人」「成功請負人」と呼ばれ、特に難しいとされる若者層、女性客のマーケティングには定評がある。


著書に『パスタは黒いお皿で出しなさい。』(日本実業出版社)、『なぜレストランのメニューで3行目を選んでしまうのか』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『なぜかいつも満席の居酒屋のおやじがやっている「つかみ方」』(扶桑社)、『10人中9人に嫌われると成功する究極のリピーター獲得術』(ぱる出版)などがある。


 

関連書籍

ページのトップへ