コミュ障のための聴き方・話し方

発売日 2017.12.21
著者 印南敦史
判型 四六判/並製
ページ数 200
ISBN 978-4-534-05554-5
価格 ¥1,430(税込)

若い頃から「コミュ障」を自覚していた著者が、ライターやラジオ番組のパーソナリティーとして、初対面の人の取材を数多くこなせるまでになった「頑張らずにうまくいくノウハウ」を教えます。読めば「これなら自分にもできるかも!」と実感するはずです。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに ずっと「コミュ障」と戦い続けてきた
第1章 コミュ障でなにが悪い?
第2章 地雷を踏まない聴き方のルール
第3章 「自称コミュ障」が身につけたい伝え方
第4章 シチュエーション別アドバイス
第5章 心に刺さったピンの外し方
おわりに 「コミュ障脱却ゲーム」をはじめよう!

著者プロフィール

印南敦史

いんなみ・あつし


1962年東京生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。「1ページ5分」の超・遅読家だったにもかかわらず、ビジネスパーソンに人気のウェブ媒体「LifeHacker[日本版]」で書評欄を担当することになって以来、大量の本をすばやく読む方法を発見。その後、ほかのウェブサイト「NewsWeek日本版」「WANI BOOKOUT」などでも書評欄を担当することになり、年間700冊以上という驚異的な読書量を誇る。主な著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)などがある。

関連書籍

ページのトップへ