資産になる「いい家」の見つけ方・買い方

発売日 2017.04.20
著者 大久保恭子
判型 四六判/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05491-3
価格 ¥1,620(税込)

立地、住み心地、設備……など、数ある家選びのポイントから、「家を資産にする」という視点で解説。「戸建てとマンション、資産価値が高いのはどっち?」「買いどきは景気の良いとき? 悪いとき?」など、誰もが悩む質問に住宅選びのプロが答えます!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 そもそも家は資産になるの?
第2章 資産価値の高い立地は「人」で見分ける
第3章 建物の資産価値は「寿命」と「可変性」で決まる
第4章 資産形成は「時」を生かす

著者プロフィール

大久保恭子

おおくぼ・きょうこ


住生活コンサルタント。主に東京圏の中古マンションを評価する「マンション評価ナビ」の企画・運営を手がける(株)風の代表取締役。「マンション評価ナビ」は、2008年度の国が公募する長期優良住宅先導的モデル事業に採択される。2009年に、都市住宅学会・業績賞を受賞。住み手の視点からハウスメーカーなどへ住宅のマーケティングや商品開発のコンサルテーションも手がけている。


1979年リクルートに入社し、87年『週刊住宅情報』編集長。2000年に執行役員住宅情報事業担当となる。その後、2003年日立キャピタルに入社し、マーケティング担当業務役員。日本住宅ローン取締役を兼任する。2005年(株)風の代表取締役就任。2011年には、一般財団法人住まいづくりナビセンター理事を兼務。その他、国土交通省 社会資本整備審議会委員、東京都住宅政策審議会委員などの公職を歴任。


著書に『マンション選びは「立地」がすべて』(河出書房新社)、『お片付けは「家ロジ」で。』(講談社)、『どうする? 親の家の空き家問題』(主婦の友社)がある。

関連書籍

ページのトップへ