どの会社でも結果を出す「外資系エグゼクティブ」の働き方

  • 電子書籍有り
発売日 2015.05.28
著者 フラナガン裕美子
判型 四六判/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05287-2
価格 ¥1,540(税込)

5つの外資系企業で8か国のすごい上司に仕えた敏腕秘書が明かす、「どの会社でも上に行ける人」の5つの行動法則。「正しいワンマンスタイル」「時間に支配されず、コントロールする」「柔軟性とブレない信念の共存」など、世界基準の仕事のルールを紹介。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

まえがき
第1章 世界中どの会社でも「結果を出す人」の5つの共通点
第2章 ”正しい”ワンマンスタイルで人を動かす
第3章 世界基準の「リスクヘッジ力」と「決断力」を磨く
第4章 時間に支配されずに、自らで「コントロール」する
第5章 「謙虚さ」と「プライド」を併せ持つ
第6章 「柔軟性」を持ちながらも、「信念」はブレない
第7章 外資系企業、日本企業の両方にいて感じたこと
あとがき

著者プロフィール

フラナガン裕美子

ふらながん・ゆみこ


1967年生まれ。津田塾大学英文学科卒業。スイス・ユニオン銀行を経て、バンカース・トラスト銀行から秘書のキャリアをスタート。以降、ドイツ証券、メリルリンチ証券、リーマン・ブラザ-ズ証券などの5つの外資系企業と日系企業で、日本人、アメリカ人、イギリス人、アイルランド人、スイス人、オーストラリア人、香港人、韓国人という8カ国のエグゼクティブをサポート。企業内の異文化コミュニケーションにまつわる、ありとあらゆるストレスを経験するも、ベストパフォーマンスを発揮しながら適応し、すべての上司に仕事を高く評価される。2012年、野村アジアホ-ルディング副会長付秘書のポジションで同社を退職し、独立。現在は、国際コミュニケーションのコンサルティングに従事している。

関連書籍

ページのトップへ