社長のための「非常識な会計」のルール

発売日 2013.05.27
著者 村形聡
判型 四六判/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05079-3
価格 ¥1,728(税込)

「決算書」は税務申告や投資家への報告のために作成されるもので、その数字から経営の実態は掴めません。「投資家」などいない中小企業には、ほとんど無意味といえます。本書は「決算書」の数字を使いながら会社にお金を残す、斬新な会計の手法を教えます。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

著者プロフィール

村形聡

むらかた・さとし
慶應義塾大学経済学部卒。公認会計士、税理士。現在、税理士法人ゼニックス・コンサルティング社員税理士兼CEO。大手監査法人にて銀行、証券会社、商社、製造業など、幅広い分野の会計監査に従事。その傍ら、さまざまな業種で株式公開支援などのコンサルティング業務も行う。1995年に独立し、現在は税理士として顧問先企業数400社超、コンサルティング業務も含めれば、かかわった企業は延べ800社にのぼる。セミナー講師も精力的にこなす中小企業経営者の強い味方である。著書に、『会社の数字を読みこなすための基本とルール』『小さな会社の税金と節税』『スラスラ読める個人事業の経理』(いずれも新星出版社)、『これだけは知っておきたい「決算書」の基本とルール』(フォレスト出版)、『ポイント図解式会計財務諸表と経営分析』(アスキー・メディアワークス)、『日本一やさしい会社の設立と運営の学校』(ナツメ社)など多数。

関連書籍

ページのトップへ