薬理学のきほん

発売日 2009.07.15
著者 生田哲
判型 A5判/並製
ページ数 216
ISBN 978-4-534-04585-0
価格 ¥1,944(税込)

薬理学とは、人の病気の治療のために用いられる薬が、どのようなしくみで効き目をあらわしたり、体内でどう変化するかを研究する学問。がん、心臓病、糖尿病、精神疾患、感染症など、現代人を悩ます病気を取り上げ、それぞれに効く薬とそのメカニズムを解説。

≪章立て≫
第1章 薬理学ってなんだ?
第2章 脳に効く薬
第3章 心臓病や高血圧に効く薬
第4章 糖尿病や痛風に効く薬
第5章 呼吸器とアレルギーに効く薬
第6章 消化器に効く薬
第7章 がんに効く薬
第8章 感染症に効く薬

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

第1章 薬理学ってなんだ?

 1 薬とは何だろう 6

 2 薬と毒はどうちがうのだろう 8

 3 薬が効き目をあらわすしくみ 10

 4 いろいろな剤形 11

 5 まぎらわしい薬の名前(化学名、一般名、商品名) 14

 6 薬の運命 16

 7 薬を飲むタイミング 25

 8 薬の副作用 27

第2章 脳に効く薬

 1 うつ病に効く薬(抗うつ薬) 30

 2 双極性障害(躁うつ病)の薬 36

 3 不安症の薬と不眠症の薬 39

 4 パーキンソン病に効く薬 45

 5 統合失調症の薬 51

 6 てんかんの薬 56

 7 アルツハイマー病の薬 60

第3章 心臓病や高血圧に効く薬

 1 心臓の働き 66

 2 心不全の薬 68

 3 狭心症に効く薬 74

 4 不整脈に効く薬 79

 5 高血圧症に効く薬(降圧薬) 83

第4章 糖尿病や痛風に効く薬

 1 脂質異常症に効く薬 92

 2 糖尿病に効く薬 98

 3 痛風に効く薬 104

第5章 呼吸器とアレルギーに効く薬

 1 炎症に効く薬(抗炎症薬) 110

 2 セキやタンを抑える薬 117

 3 気管支喘息に効く薬 121

 4 カゼに効く薬 126

第6章 消化器に効く薬

 1 消化器の働き 132

 2 胃腸の働きを高める薬 134

 3 消化性潰瘍の薬 137

 4 下痢を止める薬(止痢薬) 144

 5 便秘を治す薬(下剤) 148

第7章 がんに効く薬

 1 がんとはどんな病気か 152

 2 がんの発症する原因 154

 3 抗がん薬の働きと効くしくみ 155

第8章 感染症に効く薬

 1 細菌症の薬 168

 2 真菌症の薬 188

 3 ウイルス症の薬 192

 さくいん……202

 おもな参考書……214

 著者によるおもなライフサイエンス図書……214

著者プロフィール

生田哲

いくた・さとし
1955年北海道・函館市生まれ。東京薬科大卒業。米シティオブホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などの博士研究員、イリノイ工科大学助教授(化学科)などを歴任。薬学博士。アメリカで遺伝子の構造やドラッグデザインをテーマに研究生活を送る。現在はライフサイエンス関連を中心に執筆・講演活動を続けている。著書に『よくわかる生化学』(日本実業出版社)、『脳と心をあやつる物質』(講談社ブルーバックス)、『こころの病は食事で治す』(PHP新書)など多数。

関連書籍

ページのトップへ