世襲について 歴史・国家篇

発売日 2002.06.07
著者 童門冬二 監修
判型 四六判/上製
ページ数 266
ISBN 978-4-534-03412-0
価格 ¥2,200(税込)

世襲シリーズの第二作。天皇家、源家、あるいは徳川家など時代の要請によって誕生したリーダーたちは、その地位・役割を後世に引き継ごうと全力を挙げてきた。その過程において常に歴史の“主役”であった世襲という“人間ドラマ”を多面的に考察する。

≪章立て≫
序章 いま、なぜ世襲なのか
1章 世襲の型は多種多様で
2章 血の継承の“偉力”とは
3章 徳川“長期政権”の秘密は
4章 なぜ凄惨な抗争が起こるか
5章 誰が“そのカギ”を握るのか
6章 向後も変質するのか、世襲は

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに /童門冬二

序章 いま、なぜ世襲なのか ── オーナーシップが混迷期をリードして /童門冬二

 ◇あてどなき時代にこそ不易流行が  12

   “熱いトタン屋根の猫”に似て

   守るべきものと変えるべきもの

 ◇“うちの思想”を取り戻すとき  18

   総務部門が機能を失って…

   いま、求められている「マクナマラ戦略」

   “らしさの競争が押し寄せてくる”IT化は「自己完結性」を強めて…

 ◇世襲がつくる新しい組織像とは  26

   ペリーが突きつけた“トップの選び方”

   荒療治を納得させるのは「血統」だ!

1章 世襲の型は多種多様で ── 家と名を永続すべく“英智”は生まれた /小和田哲男

 ◇それは、三代続くか否か、で決まる  36

   いつの時代も二代目が運命を左右する

   「大王」から「天皇」へ

   嫡系相承の便法として「女帝」は登場した

 ◇時代とともに変わる後継者“指名法  43

   なぜ三男の信長が後継に?

   器量なき者は家督を奪われる!

   “能力”から“長幼”への大変化が…

 ◇「名誉の死」の背景には世継ぎ“認知”が  52

   「末子相続」は認められず

   前田(利家)家の家督は信長が決めた!

   武将はなぜ「名誉の死」を望んだのか

   「殉死」も時移れば批判の的に

 ◇ナンバー・ツウによっても成否が分かれる  65

   武田勝頼は宿老との軋轢に潰された

   名を捨てた父・黒田如水の大芝居

 ◇世襲を途絶えさせた武家の3つのパターン  69

   江戸初期には無嗣断絶が頻発した

   嫡流家との待遇差が抗争のもとに

   “自然消滅”した戦国名家に学ぶもの

2章 血の継承の“偉力”とは ── 嫡流は時代を超えて“収まり”がよい /小和田哲男

 ◇そこには絶大な“結集軸”がある  78

   “貴種”の思想が鎌倉幕府を成立させた

   後継は幼少でもあくまで嫡流を

   権力者の世襲が順当なら世の中も平穏に

   北条得宗家も“収まり”のよさで

 ◇恩人の子に対しては奉公を  85

   わが子に継がせたい執念と思惑が…

   「受けた恩を子に返す」

 ◇生まれながらに“将の生き方”を学ぶ  89

   幼児から「常在戦場」を教えられる

   元就が伝えた「“毛利流”孫子の兵法」

 ◇家を守るための“腐心”と“知恵”と  92

   鷹山に託した上杉家の立て直し

   養子を追放して実力者の“再養子”を

   代々の「茶屋四郎次郎」襲名は何のためか?

 ◇貴重な伝承は“世襲だから”こそ  99

   「技能の“一子相伝”」に強さの秘密を見る

   家元制度を維持するなかで

   「自然に身につく」ことが“結集軸”に

3章 徳川“長期政権”の秘密は ── 強かった創業三代と中興・吉宗のシステム /本告正

 ◇後継人事に人遣いの妙を見る  108

   家康の早期引退は「世襲の宣言」でもあった

   やはり「創業は易く、守成は難し」

   御三家の創設は天皇家を倣った?

 ◇巧みな組織づくりが世襲を支えた  116

   “貞観の治”に学んだ盤石の基盤づくり

   制度によって人を動かす

 ◇ヒト・モノ・カネの戦略が決め手に  124

   民心コントロールは“鎖国”で実現した

   世界に冠たる江戸時代の初等教育

   独占的な直轄地経営で富を手中に

   厳しい身分制が“安定”を生む

 ◇吉宗はなぜ“第二の創始者”なのか  135

   「中興の祖」を生んだ歴史のイタズラ

   政敵には断固とした姿勢で

   人材を登用し、自らは堪忍を貫く

   “暗愚の長子”をなぜ後継に?

   徳川家は8代・吉宗で15代も続いた

4章 なぜ凄惨な抗争が起こるか ── 権力をめぐるルールなき“骨肉の相克”に /本告正

 ◇権力は継げても権威は継げない  148

   古来より“権威闘争”はない.将軍の権威は“征服王朝”に近い?

   「継承した者」の権威を補強するシステムとは

 ◇複雑な家督争いがより大きな災禍に  154

   足利と徳川の差は8代目にあり!

   “親の七光り”は泰平の世のみ

 ◇為政者の“内輪もめ”は天下国家を揺るがす  162

   皇位をめぐる争いが社会変動を招く

   親の偏愛が火種となって…

 ◇すべては世継ぎの力量不足から始まる  168

   文化人として生きることは許されず

   お家騒動にはほとんど幼君が絡む

 ◇ベストの基準を求めて――器量・長幼・血筋など  173

   3代・家光により“長子相続”が定着した

   徳川家はなぜ大名との婚姻を避けたか

   世界史上の“骨肉の争い”は凄惨を極める

5章 誰が“そのカギ”を握るのか ── 女性(母)こそが世襲の成否を決める! /武田鏡村

 ◇母親がつくる後継者の“心の土台”  184

   母の影響は無意識のうちに

   秀吉の母が「人を活かして自分も生きよ」と

 ◇夫婦の不和が世襲を危うくする  189

   源(頼朝)氏はどうして3代で絶えたのか

   妻・政子が犯した“夫婦のタブー”

   尼将軍の心は源家から実家の北条家へ

 ◇“中興の女性”なくして北条14代はない  198

   北条政子の“子育て”を他山の石に

   心を鍛えるには体を鍛えよ

   8代・時宗には国際感覚の素養があった!

 ◇女の性は家を潰し、世を大乱にも導く  206

   “応仁の乱”は富子が起こした?

   雌鳥が刻を告げれば、家は亡びる

   トラウマから抜け出せなかった淀殿

   豊臣家存続への北政所の思い…

 ◇父と子の葛藤に割って入る存在とは  217

   “三本の矢”を生んだ蔭の女性がいた

   加賀百万石を創ったのは誰か?

   強き母は身を挺して家を守った

   妻として、母として女性がカギを

6章 向後も変質するのか、世襲は ── 次代を拓く“私から公へ”の転化 /武田鏡村

 ◇ここにもIT化の波が…  232

   徳川政権はなぜ大衆を統制できたか

   後継者に強まる自己実現の欲求

 ◇少子化が“継承のあり方”を根底から変える  236

   個人主義は廃れて共生観へ…

   歴史は間違いなく“女性の時代”に

   何故に“女性のそれ”ではいけないのか?

 ◇世襲と実力主義は共に補完してきた?  241

   実力主義だけの社会もあり得ない

   明治維新は徳川の世襲だけを否定した

 ◇皇室も伝統を守りながら革新する!  248

   「家を継ぐ」から「家業を継ぐ」へ

   率先して“開かれた皇室”に

   日本もいよいよ「女帝」の時代になる?

 ◇「公」へ向けての力強いベクトルは  256

   “内向きの世襲”は早晩潰れる

   松下幸之助は時代の変化を先取りした

あとがき /笠原英彦

著者プロフィール

童門冬二 監修

関連書籍

ページのトップへ