「一級宴築士」カワちゃんのカンタン!世直し宴会術

夜ごと、さまざまな場所で行なわれている「宴会」。

しかし、中には「まったく盛り上がらない」「参加者が全員メンドクサイと思っている」「幹事が何をすればいいかわかっていない」という宴会も多いとか。そんな宴会をボクメツするため、「宴会を通じて世の中の役に立つ」との使命に(勝手に)燃える1人のオトコが立ち上がった!?

「お酒を飲んでただ騒ぐだけ」の宴会は今日でおしまい。ビジネスにも役に立つ宴会のいろはをご紹介します。

著者プロフィール

川田直樹(かわた・なおき)

昼は一級建築士、夜は一級宴築士&人間関係構築士、座右の銘は「ノー宴会 ノーライフ」。32歳独身イベント大好きサラリーマン。大阪出身、転勤で東京勤務中。大手オフィスメーカーの建築部門に勤め、中間管理職として若手を育成指導中。

年間60回以上の宴会を経験する中で、「社内で席が隣なのにメールを送り合うような疎遠な関係でも、たった2時間の宴会翌日には、笑顔でハイタッチをする仲間になった」「1000回の名刺交換よりも1回の宴会で人生が変わった」などを目の当たりにし、宴会のもつ可能性と多様性に惹かれ、イベントや宴会を通じて人と人をつなぎ仕事を楽しむ活動を推進中。「認定ファシリティマネジャー」「イベント業務管理士2級」取得。健康増進、社内活性、長時間労働対策としても効果的な「サウナ部長」としても活躍している。

今では一級宴築士の腕が口コミで広がり結婚式二次会の司会幹事も定期的に務める。本連載では、宴会での数々の修羅場をくぐり抜けて培った、「宴会と仕事を楽しむ」ノウハウをすべて公開していく。

幹事の腕の見せ所! 宴会の「店選び」に大切なこと(段取り編その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/06/09 16:08

いいお店はどこに?(photo by bBear/photoAC) いいお店はどこに?(photo by bBear/photoAC)

「宴会幹事」の腕の見せ所ともいえる、「お店選び」。

お店は星の数ほどあれど、自分たちの目的にあった、いいお店を見つけるのは意外と難しいものです。そこで、年間60回以上の宴会を開催する一級宴築士のカワちゃんに、お店選びのコツを聞いてみました。
この連載の一覧はこちら
この連載の一覧はこちら

まいど! カワちゃんです。

前回は、「段取り編」その1として、宴会のゴール設定、当日までのスケジュール作成や参加メンバーへのお誘いの方法をご紹介しました。すると私の周りからの反響がとても多かったので、あらためてこの手の話は「幹事の失敗あるある」なんだなぁと、強く感じました。

それでは、引き続き「段取り編」その2として、幹事が抱えるお店選びの悩みについて答えていきます!

お店選びのコツは……

悩み1 お店をどう選べばいいかわからない。

【回答】WEB検索を上手に利用して、自分たちの宴会の「目的」に最適のお店を見つけましょう。

【解説】参加者から「このお店でよかった!」と言ってもらうには、宴会の「目的」とお店との相性が重要です。こうした相性の良し悪しを見極める効果的な検索方法が4つあります。

ポイント1 「条件付き検索」で探す

「食べログ」や「ぐるなび」といった飲食店情報サイトでは、「日時」や「最寄り駅(エリア)」だけではなく、「個室の有無」「電波がつながる」といった細かい項目で絞ることもできます。

私の失敗談なのですが、大事な接待なのに、お店が地下で電波がつながらず、たびたび席を外して電話やメールをする羽目になり、相手に失礼なことをしてしまった、ということがありました。こういう思わぬことが、マイナス評価のきっかけとなるので要注意ですね。

ポイント2 お店や料理の写真は、お客さんの投稿写真に注目する

経験上、料理や店内の写真は、実際に来店したお客さんの写真をチェックするほうが失敗しません。

理由は、お店が手配したプロカメラマンが撮影した写真ではないため、素の状態の料理や、内装の雰囲気を感じ取れるためです。また、お客さんがたくさんの写真をアップしているということは、そのお店にはオススメしたいポイントが多いという理由も考えられるからです。

ポイント3 評価の数字を鵜呑みにしない!

「評価点3.5と高評価だから安心!」と予約してみたら、実はデート向きのお店で宴会向きではなかった……こんな経験ありませんか?

情報サイトの評価ポイントは、総合点で記入されています。中にはランチ利用者や、1人での入店者の評価などもあるため、宴会で使用する際の評価とは目線も違ってきてしまいます。反対に、評価が低くても宴会に向いているお店もたくさんあります。

大切なのは「なぜ評価が高いのか? 低いのか?」、この理由を理解することです。オススメは、「宴会 口コミ」というように、キーワードに「宴会」を追加し、ネットで検索してみること。そうすると、過去にそのお店で宴会を実施した人たちの意見が出てくるので参考になります。幹事目線でくわしく書いている人もいるので、役に立ちますよ。

ポイント4 「クーポン」を活用しよう!

意外と見落としがちなのがクーポンです。お店も工夫をしており、魅力的な特典を多数用意しています。クーポンの内容としては時間や料理のサービスの他、料金の割り引きなどがあり、チェックしない手はありません。積極的に活用しましょう。

「お店の名前 クーポン」と検索すれば見つかります。また、電話確認の際に「今回の内容で有効なクーポンはありますか?」と聞いてみると、親切に教えてくれるお店もありますよ(有効期限や人数制限もある場合があるので注意しましょう)。

ランチをかねて、お店の下見へGO!

お悩み2 下見は必要なの? どういったことをチェックすればいいのだろう?

【回答】下見は非常に重要です。ランチで下見しましょう!

【解説】最近はネットで詳しい店舗情報を確認できますが、やはり実際にお店を見に行ってほしいです。

仕事帰りや休み時間にフラッとお店に下見に行けるのが理想ですが、多忙な毎日で、そのためだけにお店に行くのは面倒ですよね。そこで、私もよく活用するのが、「ランチ下見」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ