「高く売る」ためのマーケティングの教科書

発売日 2018.03.15
著者 大﨑孝徳
判型 四六判/並製
ページ数 216
ISBN 978-4-534-05572-9
価格 ¥1,620(税込)

プレミアム商品研究の第一人者が、高く売るために絶対必要な基礎教養から、他社に「差」をつける思考法までを体系的に解説します。「高級万年筆と3本100円のペン」などの仮説例や、ジャパネットたかた、アパホテル、セレクトショップなどの実例も満載です。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
Ⅰ理論編 マーケティングのセオリー+α
Point1 そもそもマーケティングとは何か?
Point2 マーケティングの原理原則
Point3 セオリーを超える「プレミアム商品」のマーケティング
Ⅱ実例編 競合他社を圧倒する「差」のつくり方
point4 どのように「差」をつくればよいのか?
Point5 強い「ブランド」を確立できれば圧倒的な「差」は生まれるが……
Point6 消費者と長期にわたる「関係性」を構築する
Point7 顧客を“個客”と捉える「ワン・トゥ・ワン・マーケティング」
Point8 高く売って社会に貢献する「CRM」
Point9 惚れ込んだ商品を仕入れて販売する「セレクトショップ」
Point10 低コストをテコにした「プレミアムPB」
Point11 一気通貫するビジネスモデル「SPA」の本質
Point12 夢を強く語れる最高マーケティング責任者「CMO」の必要性
Point13 自らが愛していない商品が低価格競争に巻き込まれるのは必然だ
おわりに

著者プロフィール

大﨑孝徳

おおさき・たかのり


名城大学経営学部教授。1968年大阪市生まれ。民間企業勤務後、長崎総合科学大学助教授、ワシントン大学マイケルGフォスター・ビジネススクール客員研究員を経て、現職。九州大学大学院経済学府博士後期課程修了、博士(経済学)。
主な著書として『プレミアムの法則』『「高く売る」戦略』(以上、同文舘出版)、『ITマーケティング戦略』『日本の携帯電話端末と国際市場』(以上、創成社)、論文として“Global Marketing Strategy in the Digital Age : An Analysis of Japanese Mobile Phone,”The Marketing Review, Vol.8 No.4, 329-341.などがある。

関連書籍

ページのトップへ