なぜ、システム開発は必ずモメるのか?

  • 電子書籍有り
発売日 2013.09.26
著者 細川義洋
判型 A5判/並製
ページ数 288
ISBN 978-4-534-05115-8
価格 ¥2,160(税込)

企業のシステム開発では、ほんの少しの認識の行き違いから、訴訟問題や1000万円以上の巨額損失に発展するケースが多い。本書では、エンジニアと企業のIT担当者向けに、トラブルの解決法と事前対策を、ダメージの大きい案件に絞ってストーリー形式で解説。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

著者プロフィール

細川義洋

ほそかわ・よしひろ
ITコンサルタント兼東京地方裁判所IT案件専門調停委員。
1965年生まれ。立教大学経済学部卒業。NECソフト株式会社にて約17年、金融業向けの情報システム、ネットワークシステムの開発に携わる。2005年より日本アイ・ビー・エム株式会社にて、システム開発の品質向上、経営戦略策定のコンサルティングを行なう傍ら、日本に数人しかいないIT関連紛争の調停員に抜擢される。システム開発業界の事情はもちろん、ベンダ側、ユーザ側双方の立場や争点になりやすい部分を熟知している。2012年にITコンサルタントとして独立。SE、ITコンサルタント、調停委員としての経験を元に、企業に重大な影響を与えるIT紛争の回避、早期解決のポイントを解説するブログ「IT紛争のあれこれ」を執筆。

関連書籍

ページのトップへ