人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

  • 電子書籍有り
発売日 2011.07.27
著者 千田琢哉
判型 四六判/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-534-04856-1
価格 ¥1,320(税込)

「残業するより書店に足を運んだほうが給料は増える」「本を読み続けると付き合う人のランクが上がる」。お金のない時代から1万冊をむさぼり読み、人生を切り拓く知性と実力をつけてきた著者・千田琢哉による、本を読んで自分を変える80の具体的な方法。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

プロローグ 僕の出身校は、仙台の丸善と金港堂だ。 001

第1章 本さえ読めば、どんな時代になっても知恵で生き抜いていける

 01 本を読むから時間に余裕ができる 014

 02 いつも読んでいる人に面白い本が当たる 016

 03 残業より読書をしたほうが給料は増える 018

 04 読書をしてから実践すると成功率が桁外れに高まる 020

 05 エグゼクティブはベストセラーを読んでいる 022

 06 すばらしい小説はすばらしいビジネス書 024

 07 本を読むスピードは気にしない 026

 08 漫画も堂々たる一ジャンル 028

 09 本好きな子に育てる方法 030

 10 オススメ本は自分にしか見つけられない 032

 Senda's Reccomend Books

 どんな時代でも「生き抜く知恵」が身につく3冊 034

第2章 本が背中を押してくれる「行動力」

 11 できる人は文庫化までの時間を買っている 036

 12 買って家に帰る前にカフェで読む 038

 13 本を読んでいると左右対称の顔になる 040

 14 本を読んでいる人は応援されやすくなる 042

 15 本を読んでいる人はタフになる 044

 16 人に本をプレゼントすると本の内容がより記憶に残る 046

 17 できる人の本棚には「初版」が多い 048

 18 棚差しの地味な本こそあなたの運命の本 050

 19 2回立ち読みした本は買っておいて間違いはない 052

 20 あなたの本棚はあなたの将来の鏡 054

 Senda's Reccomend Books

 すぐやる「行動力」が身につく3冊 056

第3章 本が教えてくれる本当の「コミュニケーション力」

 21 本を借りて読む人は、自分も一生使われて終わる 058

 22 今読んでいる本の話を会った人にする 060

 23 本をプレゼントされたら24時間以内にお礼状を出す 062

 24 本を読むと付き合う人が一変する 064

 25 仲良くなりたい人のオススメ本は積極的に読む 066

 26 一人のときこそ絶好の読書チャンス 068

 27 買った場面が思い出せない本は整理してもいい 070

 28 本を読むということは自分とのコミュニケーション 072

 29 音読してみると新しい自分に出逢える 074

 30 苦手な本を読むことは苦手な人と付き合うための予習 076

 Senda's Reccomend Books

 相手を選ばない「コミュニケーション力」が身につく3冊 078

第4章 本が伸ばしてくれる効率的な「勉強力」

 31 新聞だけに頼らず週に一度書店で世の中をつかむ 080

 32 文字量の少ない本を味わいながら読む 082

 33 最も効率的な読書力のつけ方 084

 34 好き・嫌い・初めての著者3冊でテーマを深掘り 086

 35 インプットの質は必ず量の上に成り立つ 088

 36 本から学べなければ何からも学べない 090

 37 乱読をしても睡眠中に整理され染みこむ 092

 38 本の帯から流行のエキスをいただく 094

 39 ゆっくり読むと速く読める 096

 40 会いたい人の本をすべて読むと会ったときにチャンスを掴める 098

 Senda's Reccomend Books

 日々伸び続ける「勉強力」が身につく3冊 100

第5章 本が磨いてくれる結果を出す「仕事力」

 41 「なぜ、その本を選んだのか」がマーケティング 102

 42 当事者意識・問題意識を明確にして読む 104

 43 ハズレ本を当たり本に変えられるのが知性 106

 44 勝手に読み間違えていく人がどんどん挑戦し成功していく 108

 45 本に書いていないことをあえて「提案」すると実力がつく 110

 46 「納得してみよう」とすると仕事がうまく回る 112

 47 本を一冊の企画書として見立てる 114

 48 自分でもタイトルを考えると本質を衝く能力がつく 116

 49 カバーデザイナーを調べるとデザインの必然が学べる 118

 50 出版社をSWOT分析してみる 120

 Senda's Reccomend Books

 一生困らない「仕事力」が身につく3冊 122

第6章 本が導いてくれるお金の不安から自由になれる「経済力」

 51 本から得たお気に入りの言葉を見込み客にプレゼントする 124

 52 その年のベストセラーから琴線に触れた一言をメモしておく 126

 53 本にかけたお金とその人の年収は比例する 128

 54 本の買い過ぎで貧乏になった人はいない 130

 55 お金持ちが書斎を持つのではなく書斎を持つからお金持ちになる 132

 56 金持ち本を真剣に実行すれば本当にお金持ちになれる 134

 57 いつも群がっている人は真の成功者にはなれない 136

 58 お金が足りずに本が買えない悔しさを知っておく 138

 59 知恵が溢れ出すとお金が集まらないようにするのが難しい 140

 60 本を読み続けると、一言で人を感動させられる 142

 Senda's Reccomend Books

 お金から自由になる「経済力」が身につく3冊 144

第7章 本が加速させてくれる「成長力」

 61 運命の本はつらいときにしか出逢えない 146

 62 10年前に買った本を読むと自分の成長度がわかる 148

 63 夢の実現を早める読書法 150

 64 著者のブログ・DVD・セミナーを体験する 152

 65 読書をしないと外見が劣化する 154

 66 好きな著者になりきって注文のない原稿を書いてみる 156

 67 今までなら「ありえない」本も1年に1冊は買ってみる 158

 68 早朝読書は脳のラジオ体操 160

 69 1年後の講演を想定しながら読書してみる 162

 70 著者のプロフィールから人間観察力を磨く 164

 Senda's Reccomend Books

 自分の限界をつくらない「成長力」が身につく3冊 166

第8章 人生を変える本の「買い方・読み方」

 71 「まえがき」の面白い本を選ぶ 168

 72 1分間立ち読みして1ワードでも引っかかれば買う 170

 73 好きなテーマを好きなだけ読む 172

 74 内容よりカバーで決めてもいい 174

 75 風評に踊らされず1%の面白い本に出逢う 176

 76 どんな一冊にも10万円の価値があると心得る 178

 77 本は買った瞬間に目的の半分以上を達成している 180

 78 20代のうちに30代、40代の予習をしておく 182

 79 本に遠慮せず「使う」ことで内容に入り込める 184

 80 積読本(つんどくぼん)は枕元に置く 186

エピローグ つらいときに群れるな、本を読め 188

著者プロフィール

千田琢哉

せんだ・たくや
次代創造館、代表 イノベーション・クリエイター。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒。日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からそれら実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話、コンサルティング業界という人材の流動性が極めて高く、短期間で成果を求められる環境に自ら身を置くことによって得た事実とそこで培った知恵を活かし、執筆・講演・ビジネスコンサルティング等の活動を行なっている。また、多数の上場企業、商工会議所、TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の組織で社外顧問を務めている。近著に『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版)、『教科書に載っていなかった20代の哲学』(ぱる出版)等がある。現在、南青山在住。

関連書籍

ページのトップへ