人名・地名 おもしろ雑学

日本で一番多い名字は佐藤で、2番目が鈴木といわれています。しかし、本当?と思っている人も多いのではないでしょうか。東京の周辺に住んでいる人は違和感がないでしょうが、関西の人だと、一二を争うのは山本と田中だろう、と思っています。

交通が便利になって、東京からだと、離島や山中を除いてほとんどの所に日帰りできるようになりました。でも、日本は狭いようで、まだ地域差は残っています。そんな日本を名字や地名からみつめ直してみたいと思っています。

著者プロフィール

森岡 浩(もりおか・ひろし)

姓氏研究家・野球史研究家。1961年高知市生まれ。土佐高校を経て早稲田大学政治経済学部卒。学生時代から独学で姓氏研究を始め、文献だけにとらわれない実証的な研究を続けている。一方、高校野球を中心とした野球史研究家としても著名で、知られざる地方球史の発掘・紹介につとめているほか、全国各地の有料施設で用いられる入場券の“半券”コレクターとしても活動している。

著書は『名字の地図』『高校野球がまるごとわかる事典』(いずれも小社刊)、『名字の謎』(新潮社)、『日本名字家系大事典』(東京堂出版)など多数。

●サイト(オフィス・モリオカ)
  → https://office-morioka.com/
●ツイッター
  → http://twitter.com/h_morioka
●facebookページ
  → https://www.facebook.com/officemorioka/
●Instagram
 → https://www.instagram.com/office_morioka/

 

「益子」の読み方

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/06 13:24

先日、陶器市で有名な栃木県の益子に行ってきた。JR東北本線の小山駅で水戸線に乗り換え、下館駅でさらに1時間1本のローカル線真岡鉄道に40分ほど乗ったところに益子駅がある。町には英語の案内板があるなど外国人の姿も多く、今では外国出身の陶芸家もいるという。

masikoeki
ツインタワーが特徴的な益子駅
masiko_eng
外国人向けの案内文。「MASHIKO」と表記されている

「益子」という地名を見ると、栃木県以外の人は「ますこ」と読むことが多いが、正しくは「ましこ」で、古くは「猿子」や「増子」とも書かれた。

ここは、「益子」という名字のルーツの地でもある。「益子」は栃木・茨城両県を中心に、福島県から関東南部にかけて分布する名字だ。もともとの地名が「ましこ」と読むため、ルーツに近い栃木・茨城両県では圧倒的に「ましこ」と読むが、その他の地域では、「ますこ」の方が多い。

たとえば、栃木県大田原市出身のU字工事の益子卓郎は「ましこ・たくろう」なのに対し、東京都葛飾区出身の益子直美は「ますこ・なおみ」である。

和歌山県の「玉置(たまき)」が、他県では「たまおき」となるように、読みづらい地名をルーツとする名字の場合、ルーツの近くでは地名と同じ読み方をするが、ルーツから離れるに従って漢字本来の読み方に引きずられて、名字の読み方が変更することがあり、「益子」もそうした名字の1つだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ