古代の日本がわかる事典

発売日 2017.03.24
著者 北川隆三郎
判型 四六判/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-534-05488-3
価格 ¥1,620(税込)

遺跡の発掘調査の進展などにより、謎が多かった縄文~古墳時代についても、当時の人びとの暮らしぶりが明らかになってきました。このような成果を紹介しつつ、縄文土器の模様から見えてくる「古代人の世界観」など、精神的な側面も探っていきます。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 注目を集める日本の古代研究
第2章 ざっくりつかむ縄文・弥生時代
第3章 ざっくりつかむ古墳時代
第4章 日本の古代をめぐるさまざまな論点
第5章 古代を堪能できるおすすめスポット

著者プロフィール

北川隆三郎

きたがわ・りゅうざぶろう


1953年生まれ。中央大学文学部仏文科卒。出版社、編集プロダクション勤務後、フリーランスの編集者、ライターとなる。80年代、90年代はサイエンス系、精神世界系を主に取材執筆分野としていた。21世紀になってからは、「日本」への関心が高まり、近現代史から古代史までを、あらためて研究。近年は考古学の最新動向を追うとともに、主に前方後円墳関連の取材を進めている。


共著に『パラダイム・ブック』(日本実業出版社)、『グローバルトレンド』(TBSブリタニカ)、『風水がわかる本』(学研)、著書に『精神世界がわかる事典』(日本実業出版社)ほかがある。

関連書籍

ページのトップへ