日本の古都がわかる事典

発売日 2016.08.31
著者 八幡和郎
判型 四六判/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05420-3
価格 ¥1,540(税込)

京都、奈良はもちろん、鎌倉、平泉、太宰府など、日本にはさまざまな「古都」があります。その成り立ちやかつての栄華を伝える寺社、城郭、特徴的な地形など、古都にまつわる多彩な情報が満載! この1冊で、古きよき町並みに眠る歴史と文化がわかります。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 古代の都――日本統一と大王たちの足跡
第2章 飛鳥天平の華から平城京へ
第3章 平安京だからこそ生まれた王朝文化
第4章 戦乱で荒れ果てる京都と副都的都市
第5章 江戸の三都と近代の古都

著者プロフィール

八幡和郎

やわた・かずお


1951年、滋賀県大津市生まれ。東京大学法学部を卒業後、通産省に入省。北西アジア課長、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。在職中にフランスの国立行政学院(ENA)に留学。1997年の退官後は、松下政経塾特別研究員を経て、2004年より徳島文理大学教授。現在は同大学大学院教授を務めるほか、作家、評論家として活躍中。著書に『遷都』(中公新書)、『領土の世界史』(祥伝社新書)、『江戸300藩最後の藩主』(光文社知恵の森文庫)など著書多数。

関連書籍

ページのトップへ