もう一度高校古文

発売日 2010.11.17
著者 貝田桃子
判型 A5判/並製
ページ数 376
ISBN 978-4-534-04773-1
価格 ¥2,376(税込)

高校時代は文法や単語に悩まされた古文でも、大人になった今、「日本の古典」作品にもう一度触れてみたいという人のために、読解の基礎知識をふまえ、和歌の世界から、説話・日記文学・物語・軍記物語・随筆・俳諧紀行文まで、エッセンスを紹介します。

≪章立て≫
第1章 古文が身近になる基礎知識
第2章 古典を楽しむための文法と敬語の知識
第3章 千年前の暮らしを「説話」で読む
第4章 「随筆」に見る日本人の自然観・人生観
第5章 「物語」に見る平安貴族の暮らし
第6章 「和歌」をもう一度味わう
第7章 「日記文学」に見る心の叫び
第8章 「軍記物語」に見る人の世のはかなさ
第9章 「俳諧紀行文」に見る芭蕉の文学

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

まえがき 古典に親しむ喜び

第1章 古文が身近になる基礎知識 11

 平仮名・片仮名の誕生 12

 歴史的仮名遣いと現代仮名遣い 14

 古文の基本的な読み方 17

 古文はなぜ、むずかしかったのだろう? 19

 ●重要な古文単語 23

 平安時代の和歌・物語・日記文学 25

 鎌倉・室町時代の軍記と随筆 27

 江戸時代に花開いた娯楽小説と俳諧 29

第2章 古典を楽しむための文法と敬語の知識 31

 文法・敬語がわかると古文は楽しくなる 32

 文法の基礎知識1 動詞 34

 文法の基礎知識2 形容詞と形容動詞 38

 文法の基礎知識3 助動詞と助詞 40

 敬語はむずかしい? 43

第3章 千年前の暮らしを「説話」で読む 47

 説話の魅力 48

 今昔物語集 ●池尾の禅智内供の鼻のこと●信濃守藤原陳忠、御坂に落ち入ること

       ●信濃国にて姨母を山に捨てること●羅城門の上層に登りて死人を見る盗人のこと

       ●丹波の国に住む者の妻、和歌をよむこと

 宇治拾遺物語 ●夢買う人のこと●絵仏師良秀、家を焼くるを見て喜ぶこと

        ●歌詠みて罪免るること●清水寺に二千度参詣する者、双六に打ち入るること

        ●児のかいもちいするに空寝したること

第4章 「随筆」に見る日本人の自然観・人生観 99

 随筆文学の魅力 100

 枕草子 ●九月ばかり夜一夜降り明かしたる雨の●生い先なく、まめやかに●にくきもの

     ●宮にはじめてまいりたること●ありがたきもの

 方丈記 ●ゆく河の流れは絶えずして●安元の大火●生きていくことのむずかしさ

    ●孤独を楽しむ方法●養和の飢饉

 徒然草 ●世に語り伝うること●同じ心ならん人と●大事を思い立たん人は

     ●仁和寺にある法師●つれづれわぶる人は

第5章 「物語」に見る平安貴族の暮らし 163

 物語の魅力 164

 竹取物語 ●なよ竹のかぐや姫●かぐや姫の昇天●天の羽衣

 伊勢物語 ●芥川●東下り●筒井筒

 源氏物語 ●桐壺●夕顔●末摘花

第6章 「和歌」をもう一度味わう 223

 和歌の魅力 224

 万葉集

 古今和歌集

 新古今和歌集

第7章 「日記文学」に見る心の叫び 261

 日記文学の魅力 262

 土佐日記 ●門出●忘れ貝●帰京

 蜻蛉日記 ●嘆きつつ一人寝る夜●待つ女の苦しみ●子を思う親、親を思う子

 紫式部日記 ●若宮誕生●上司の性格、職場の雰囲気●和泉式部と清少納言

 和泉式部日記 ●夢よりもはかなき世●近づく二人●決意

 更級日記 ●少女の夢●物語●宮仕え

第8章 「軍記物語」に見る人の世のはかなさ 329

 軍記物語の魅力 330

 平家物語 ●祇園精舎●敦盛の最期●那須与一

第9章 「俳諧紀行文」に見る芭蕉の文学 351

 俳諧紀行文の魅力 352

 奥の細道 ●旅立ち●平泉●立石寺

 古典文学史 366

コラム

平安貴族とはどういう人? 66

平安時代の年中行事 108

平安貴族の服装 124

平安貴族の住まい 166

平安貴族の1日 198

貴族の食生活 220

貴族の教養と遊び 248

平安貴族の恋愛と結婚 276

著者プロフィール

貝田桃子

かいた・ももこ
1967年秋田県生まれ。日本女子大学文学部卒。秋田大学大学院教育学研究科修士課程修了。現在、秋田県立高校国語教諭。著書として『ここから始めるセンター古文』(文英堂)『現代文読解ドリル』(学研教育出版)『小論文トレーニング』(岩波ジュニア新書)『ちびまる子ちゃんの作文教室』(集英社)など。

関連書籍

ページのトップへ