『デザイン力の基本』(ウジトモコ著)
四六判/並製・224ページ
ISBN:978-4-534-05711-2
本体価格:¥1,500(税抜)

amazon

楽天ブックス

 

これからの時代に、求められるのは「デザイン力」!

現代のビジネスシーンでは「デザイン」によって大きく売り上げを左右されるようになりました。パッケージの変更をしたことで売上が数倍になることもあれば、リニューアルに失敗して利益が数割減少することもあるなど、実に大きな影響を及ぼすようになっています。

そして、デザインワークはプロのデザイナーだけが行なうものではなくなりつつあります。たとえば、営業マンが店頭用のチラシを作ったり、小売店の店員がPOPを作って設置することも珍しくありません。そのとき「デザインの基本を身につけておけばなぁ」と思ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

そうしたあなたにむけてご紹介するのが『デザイン力の基本』(ウジトモコ著)。本書はノンデザイナーやこれからデザイナーを目指す人に向けて、プロのデザイナーの思考プロセスを、デザインの原理原則「AISUS」に基づきBefore→Afterの改善例でわかりやすく解説した入門書です。

※AISUS……ウジトモコ氏が提唱する、共感時代のマーケティングにおける消費者モデル「AISAS」をデザインに当てはめ、以下の5つの頭文字をつなげたもの
・Accessibility(見やすさ、よみやすさ)
・Impression(印象・映え)
・Sincerity(信頼性・誠実さ)
・Uniqueness(ユニークである、独自性)
・Share(共感・共生・共創力)

「どこがどう良くて、何が悪いのか」をきちんと解説

本書では、フォントや色の使い方・選び方といった「デザインの基礎理論」はもちろんのこと、

  • いきなり手を動かす
  • とりあえず大きくすれば目立つ
  • いろんな色や書体を使いたがる

……など「ノンデザイナーがよくやりがちな行動がなぜだめなのか」といったレベルまでも解説し、デザインの原理原則が明確に身につくように書かれています。

(本書P.31の内容を一部編集)

また上図のように、先の「AISUS」を踏まえつつ、どのようなプロセスでデザインワークを進めていけばいいのかがわかるようになっています。

こんな人に、こんなときに役立つ!

(本書P.167の図版を一部編集)

webデザインはもちろん、チラシやポスターの発注や修正依頼を行なう営業マン・中小企業社長などにも役立つ「デザインの原理原則」を、TIPSを交えながら紹介!(本書のエッセンスの一部を用いた解説記事もあります。合わせてご覧ください)。

書誌情報

『デザイン力の基本』(ウジトモコ著)
四六判/並製・224ページ
ISBN:978-4-534-05711-2
本体価格:¥1,500(税抜)

amazon

楽天ブックス