お知らせと訂正

  • 『 「定年」前後の手続きと生活プラン2016』訂正のお知らせ

    下記のページに誤りがありました。読者の皆様には謹んでお詫び申し上げます。

    P68の図表2「何歳からどんな老齢年金をもらえるのか?」の図(1)

    罫線の一部が抜けていました。正しくは以下の図になります。60318-1

    P107ページの図表1

    「厚生年金からもらえる年金額の計算式(平成27年度の額)」におきまして、図表内の計算式・数値等が誤っておりました。正しい計算式へ修正した図表は、下記の「資料のダウンロード」ボタンでPDFファイルをダウンロードしていただきますようお願い申し上げます。

    P113の図表2「60歳で老齢厚生年金と老齢基礎年金を同時繰上げ」の図表中金額

    【誤】老齢厚生年金(繰上げ受給)120万円×88%(繰上げ受給率はア)=1,056,000万円
    【正】老齢厚生年金(繰上げ受給)120万円×88%(繰上げ受給率はア)=1,056,000円

  • 「企業実務」2015年11月号(No.759) 訂正のお知らせ

    34~35ページ「これならわかる・使える実践『経営分析』塾」の記事中の記述にミスがありました。

    35ページ2段目の「■実質金利とは」の表中、計算式の「5,000万円-2,000万 円=3,000万円」は誤りで、正しくは「5,000万円-3,000万円=2,000万円」です。よって、次の行の「3.2%」は「4.85%」となります。

    謹んでお詫びし、訂正いたします。

  • 『身内が亡くなったときの届出と相続手続き』訂正のお知らせ

    『身内が亡くなったときの届出と相続手続き』初版(2015年9月10日付)の本文の記載に誤りがございました。

    83ページの表

    厚生年金の「②未支給年金の給付範囲」の部分

    誤)死亡した者と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、または兄弟姉妹
    正)死亡した者と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、またはそれ以外の3親等内の親族

    厚生年金の「③老齢給付の在職支給停止」の「○老齢厚生年金受給者が厚年被保険者となった場合」の部分

    誤)65歳以降は(賃金+年金)が46万円を超えた場合、年金の一部または全部を支給停止
    正)65歳以降は(賃金+年金)が47万円を超えた場合、年金の一部または全部を支給停止

    共済年金の「③老齢給付の在職支給停止」の「○退職共済年金受給者が厚年被保険者等となった場合」の部分

    誤) (賃金+年金)が46万円を超えた場合、年金の一部または全部を支給停止
    正) (賃金+年金)が47万円を超えた場合、年金の一部または全部を支給停止

    95ページ 本文の上から4行目

    誤)遺族厚生年金の受給者には、国民年金の遺族基礎年金も支給されます。
    正)遺族厚生年金の受給者のうち、子のある配偶者または、両親のいない18歳未満の子には、国民年金の遺族基礎年金も支給されます。

    謹んでお詫び申し上げます。

  • 『これならわかるキャッシュ・フロー計算書』正誤表のお知らせ

    会計基準の改正により、平成27年4月1日以後開始の事業年度から、PLの表示科目名が変更されています。

    そのため『これならわかるキャッシュ・フロー計算書』(ISBN:978-4-534-05074-8)につきまして、 平成25年6月1日発行の初版をご購入いただいた方向けに、正誤表を用意いたしました。下記のボタンをクリックすることで、ダウンロードが可能です。

    なお、一部の記述にミスがありました。 謹んでお詫びするとともに、こちらもあわせて訂正させていただきます。

  • 「企業実務」2015年9月号(No.756) 訂正のお知らせ

    「事業者間で発生する 利子・配当にまつわる税金の基礎知識」に訂正があります。

    28ページ4段目の10行目に続けて 「ただし、法人の場合は、住民税は課税されないので、 15・315%のみ源泉徴収されます」、29ページ1段目の19行目に続けて 「ただし、法人の場合は住民税は課税されません」 というただし書きが入ります。

    謹んでお詫び申し上げます。

  • 「企業実務」2015年6月号(No.752) 訂正のお知らせ

    別冊付録「平成27年度 税制改正 早わかりハンドブック」の記事中の記述にミスがありました。

    6ページ左段「外国子会社配当金の益金不算入制度の縮小」の見出しの次の行の「特殊割合」は誤りで、 正しくは「持株割合」です。 また、10ページ右段9行目の「1億円を超える金融資産」は「1億円以上の金融資産」です。

    謹んでお詫びし、訂正いたします。

  • 「企業実務」2015年6月号(No.752) 訂正のお知らせ

    「企業実務」2015年6月号(No.752)の別冊付録「平成27年度 税制改正 早わかりハンドブック」の記事中の記述にミスがありました。

    3ページ右段「法人事業税の外形標準課税の拡大」の 見出しの次の行の 「資本金1億円以上」は誤りです。 正しくは「資本金1億円超」です

    謹んでお詫びし、訂正いたします。

  • 【相続・贈与税関連】平成27年度税制改正に伴う、弊社書籍の補遺を用意しました

    掲題の通り、平成27年度の税制改正に伴う弊社書籍の補遺を用意しました。対象書籍および対象刷は下記のとおりです。

    • いまからはじめる相続対策(ISBN:978-4-534-05082-3)、1刷
    • 相続と節税のキモが2時間でわかる本(ISBN:978-4-534-05087-8)、1刷
    • 本当はもっとこわい相続税(ISBN:978-4-534-05095-3)、1~3刷
    • 最新版 相続・贈与 かしこい節税の実際(ISBN:978-4-534-05241-4)、1刷
  • 【法人税関連】平成27年度税制改正に伴う、弊社書籍の補遺を用意しました

    掲題の通り、平成27年度の税制改正に伴う弊社書籍の補遺を用意しました。対象書籍および対象刷は下記のとおりです。

    • 経理部長が新人のために書いた 経理の仕事がわかる本(ISBN:978-4-534-03873-9)、26~28刷
    • 小さな会社の事務がなんでもこなせる本(ISBN:978-4-534-04014-5)、17刷
    • 法人税申告書の書き方がわかる本(ISBN:978-4-534-04333-7)、13刷
    • 小さな会社の経理事務がなんでもこなせる本(ISBN:978-4-534-04471-6)、8刷
    • 法人税申告書のしくみとポイントがわかる本(ISBN:978-4-534-04666-6)、10~11刷
    • 小さな会社の総務・経理の仕事ができる本(ISBN:978-4-534-04830-1)、1~2刷
    • 最新 法人税と経理処理のしくみがわかる本(ISBN:978-4-534-04832-5)、3刷
    • 税金のしくみと仕事がわかる本(ISBN:978-4-534-04853-0)、1~2刷
    • 世界一わかりやすい法人税の本(ISBN:978-4-534-04964-3)、1~2刷
    • 最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金(ISBN:978-4-534-05005-2)、1~2刷
  • 「企業実務」2015年6月号(No.752) 訂正のお知らせ

    30~31ページ「効率的に進める『消費税』の端数処理」の記事中の記述にミスがありました。

    31ページ4段目の最後から5行目の「来年秋に予定されている税率10%引上げ」は誤りです。正しくは、「2017年4月からの税率10%引上げ」です。

    謹んでお詫びし、訂正いたします。

ページのトップへ