個人事業の帳簿のつけ方・節税のしかた


1章 個人事業の経理はコレだけできればOK!

 1. 個人事業者の税金は「事業所得」にかかってくる  12
   ●事業所得は3つに区分できる 13
 2. 収入と必要経費に含まれるものをマスターしておこう  14
   ●収入と費用の判断基準 15
 3. 「簿記」と「仕訳」について知っておこう  16
   ●左側は「借方」、右側は「貸方」 16
 4. 取引の記録のためには「勘定科目」が必要になる  18
   ●一般的な勘定科目の一覧 19
 5. 「貸借対照表」と「損益計算書」で事業の状態が把握できる  20
   ●貸借対照表と損益計算書の5つの箱 21
 6. 会計ソフトを使うときはチェックが大切  22
   ●会計ソフトを使うときの簿記の流れ 23
 COLUMN 勘定科目マニュアル 24


2章 日々の経理に必要な帳簿と記入のしかた

 1. 簿記の方法には「単式簿記」と「複式簿記」がある  26
   ●単式簿記と複式簿記はここが違う 27
 2. 仕訳の基本と借方・貸方のルール  28
   ●仕訳の8つのパターン 29
 3. 「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」を使うと便利  30
   ●入金伝票・出金伝票・振替伝票の記入のしかた 31
 4. 個人事業で必要になる帳簿はこれだ!  32
   ●簡易簿記と複式簿記で必要となる基本帳簿 33
 5. 必要となる補助簿の種類と記入のしかた  34
   ●簡易簿記と複式簿記で必要となる補助簿 35
 6. 「現金出納帳」の書き方と記載ポイント  36
   ●「現金出納帳」の記入例 37
 7. 「経費帳」の書き方と記載ポイント  38
   ●「経費帳」の記入例 39
 8. 簡易帳簿で経理処理する場合のポイントと注意点  40
   ●「簡易帳簿」のしくみ 41
 9. 伝票から総勘定元帳への転記はこうする  42
   ●入金・出金伝票から総勘定元帳への転記例 43
   ●振替伝票から総勘定元帳への転記例 44
 10. 現金出納帳、預金出納帳から総勘定元帳への転記のしかた  45
   ●現金出納帳、預金出納帳から総勘定元帳への転記例 46
   ●振替仕訳帳から総勘定元帳への転記例 47
 11. 帳簿などはどのくらい保存しておけばよいか  48
   ●おもな帳簿類の保存期間 49
   ●領収書、レシートの整理のしかた 49
 12. 帳簿をつけるにあたってこれだけは厳守しよう  50
   ●帳簿をつける前に準備しておくこと 51
 COLUMN 会計ソフトの活用のすすめ 52


3章 消費税の課税事業者になるとこんな事務が必要

 1. 消費税とはどんな税金か知っておこう  54
   ●1つの商品でみる消費税が課税される流れ 54
 2. 消費税の課税事業者となるのはどんな場合か  56
   ●基準期間と課税期間の関係 57
   ●新規開業の場合 57
 3. 消費税の「課税売上高」はこうして求める  58
   ●課税売上高を算出するルール 59
 4. 課税される取引と課税されない取引に区分する  60
   ●「課税対象外取引」となるもの 61
   ●「課税対象外取引」の代表的な例 61
   ●「非課税取引」となるもの 62
   ●「非課税取引」の例示 62
 5. 消費税はどのように計算するのか  63
   ●簡易課税制度の適用要件 64
 6. 「原則課税」と「簡易課税」の違いを知っておく  65
   ●簡易課税の場合の5つの業種区分とみなし仕入率 66
   ●簡単に消費税を計算する方法 67
   ●簡易課税で計算すると消費税の概算額はこうなる 67
 7. 「税込経理方式」と「税抜経理方式」はどこが違うのか  68
   ●消費税の経理処理の2つの方法 69
 COLUMN フリーランサーの請求書の書き方 70


4章 「青色申告」にするとこれだけトクになる!

 1. 「青色申告」を選択できる人とそのポイント  72
   ●所得税の納税制度 72
   ●青色申告を選択できる人 73
   ●青色申告の適用要件 73
 2. 青色申告にはいろいろな特典がある  74
   ●青色申告を選択したときのおもな特典 75
 3. 青色申告を選択するときの申請のしかた  76
   ●「青色申告承認申請書」の書き方 77
 4. 青色申告を選択した場合の記帳方法はこうする  78
   ●備え付ける帳簿の3つのコース 79
 5. 「青色申告特別控除」は誰でも受けられる  80
   ●青色申告特別控除は2つの控除額がある 81
 COLUMN 住宅ローンを組むときは… 81
 6. 家族へ支払った給与には「青色事業専従者給与」が認められる  82
   ●「青色事業専従者給与に関する届出書」の提出期限 82
   ●「青色事業専従者給与に関する届出書」の書き方 83
   ●「青色事業専従者」と認められるための要件 84
 COLUMN 事業への姿勢が節税につながる 85
 7. 青色申告なら「家事関連費」を経費にできる  86
   ●必要経費になるもの・ならないもの 87
 8. 青色申告にすると減価償却費の特例が認められる  88
   ●中小企業者が機械等を取得した場合の特別償却 89
   ●情報通信機器等を取得した場合等の特別償却 89
 9. 青色申告者の損失は繰越し、繰戻しができる  90
   ●損失の繰越し控除を行なう例 90
 10. 青色申告にすると貸倒引当金の繰入れができる  92
   ●貸倒引当金の対象となる貸金 92
   ●一括貸倒引当金の繰入額 93
 COLUMN 年末にできる節税のヒント 94


5章 仕入・売上の経理処理と代金決済の方法

 1. 売上に関する仕訳と記帳のしかた  96
   ●売上があったときの記帳のしかた 97
 2. 売掛金に関する仕訳と記帳のしかた  98
   ●売掛金の発生・回収時の記帳のしかた 100
 3. 仕入に関する仕訳と記帳のしかた  102
   ●仕入があったときの記帳のしかた 103
 4. 買掛金に関する仕訳と記帳のしかた  104
   ●買掛金の発生・支払時の記帳のしかた 106
 5. 「自家消費」を売上計上するときの経理処理のしかた  108
   ●自家消費の売上金額の算定法 108
 6. 現金に関する仕訳と記帳のしかた  110
   ●「現金出納帳」の記帳のしかた 111
 7. 預金に関する仕訳と記帳のしかた  112
   ●預金通帳の記入項目 112
   ●「預金出納帳」の記帳のしかた 114
 8. 手形・小切手に関する仕訳と記帳のしかた  115
   ●「受取手形帳」への記帳のしかた 116
   ●「支払手形帳」への記帳のしかた 116
   ●「当座預金出納帳」の記帳のしかた 117
 COLUMN 掛け売り、掛け仕入などの処理のポイント 118


6章 給与計算と社会保険事務はこうする

 1. 毎月の給与計算事務の流れはこうなっている  120
   ●給与計算事務の流れ 121
 2. 「給与支払明細書」と「給与台帳」の記入のしかた  122
   ●「給与支払明細書」のモデル例 123
   ●「給与台帳」のモデル例 124
 3. 所得税の源泉徴収と納付のしかた  125
   ●所得税の納付期限 125
   ●「給与支払事務所等の開設届出書」の書き方 126
   ●「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」の書き方 127
   ●源泉徴収税額表の見方 129
 4. 住民税の特別徴収と納付のしかた  130
   ●個人住民税の2つの納付方法 130
 5. 社会保険料と労働保険料の控除のしかた  132
   ●社会保険と労働保険の加入 133
 6. 賞与を支払うときの源泉徴収と社会保険料控除  134
   ●「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」の見方 135
 7. 年末調整のしくみとそのやり方  137
   ●「扶養控除等申告書」と「保険料控除申告書」はこんなもの 137


7章 節税のために「経費」をモレなく集めよう

 1. 経費をモレなく計上することが節税への一番の近道  140
   ●必要経費となる費用のいろいろ 141
 2. 必要経費になるもの・ならないもの  142
   ●必要経費と認められるものは 143
 3. 自宅を事務所にしている場合の経費の考え方  144
   ●自己所有の自宅を事務所等に使用しているケース 145
 4. 事務所や店舗を借りている場合の経費の考え方  146
   ●賃貸のケースの敷金等の取扱い 147
 5. 租税公課、水道光熱費などを必要経費にするときの注意点  148
   ◎租税公課 148  ◎荷造運賃 149  ◎広告宣伝費 149  ◎水道光熱費 149
   ●租税公課で必要経費になるもの・ならないもの 148
 6. 福利厚生費、修繕費などを必要経費にするときの注意点  150
   ◎給料 150  ◎福利厚生費 150  ◎修繕費 151
 7. 通信費、旅費交通費などを必要経費にするときの注意点  152
   ◎損害保険料 152  ◎通信費 152  ◎旅費交通費 153
 8. 接待交際費、消耗品費などを必要経費にするときの注意点  154
   ◎接待交際費 154  ◎消耗品費 155  ◎新聞図書費 155
 9. 減価償却費などを必要経費にするときの注意点  156
   ◎減価償却費 156  ◎貸倒損失 158  ◎固定資産除却損 158
   ●減価償却資産とは 156
   ●減価償却費の計算のしかた 157
 10. 個人事業者に特有の科目を計上するときの注意点  159
   ◎元入金 159  ◎事業主貸、事業主借 159
   ◎事業用固定資産を売却したとき 160


8章 決算のやり方と決算書のつくり方

 1. 決算の流れを知っておこう  162
   ●決算の流れはこうなっている 163
   ●帳簿の締め方 163
 2. 「決算書」のしくみはどうなっているか  164
   ●「青色申告決算書」のしくみと記載項目 165
 3. 減価償却の意味と計算のしかた  166
   ●「青色申告決算書」の3ページの書き方 167
   ●「減価償却資産の償却方法の届出書」の書き方 168
   ●減価償却資産の償却率表 169
 4. 棚卸しのやり方と売上原価の計算のしかた  170
   ●仕入と売上原価のちがい 170
   ●「棚卸表」のモデル例 171
 5. 簡易帳簿で決算を行なう場合の「集計表」のつくり方  172
   ●「集計表」のモデル例 173
 6. 「残高試算表」のつくり方と記入のしかた  174
   ●「残高試算表」のモデル例 175
 7. 「青色申告決算書」のしくみと作成のしかた  176
   ●「青色申告決算書」の2ページの書き方 176
   ●「青色申告決算書」の1ページの書き方 178
   ●「青色申告決算書」の4ページの書き方 180


9章 税金の計算のしかたと申告・納税のポイント

 1. 所得税を計算するしくみを知っておこう  184
   ●所得税の計算のしくみ 184
   ●10種類の所得とは 185
   ●所得税の税率表 186
 2. 「所得控除」と「税額控除」の中身を理解しておこう  187
 3. 確定申告のしくみと提出のしかた  192
 4. 「確定申告書」の書き方と作成の手順  193
   ●「確定申告書」B様式・第一表の書き方 194
   ●「確定申告書」B様式・第二表の書き方 195
 5. 所得税の納付のしかたと延納、予定納税の手続き  197
   ●「延納」と「予定納税」の記入例 198
 6. 住民税のしくみと納付のしかた  199
   ●個人事業者の住民税の納付 200
 7. 事業税のしくみと納付のしかた  201
   ●事業税の課税対象となる事業 202
   ●事業税の標準税率 203
   ●「確定申告書」第二表への記入のしかた 203
 8. 消費税の申告と納付のしかた  204
   ●消費税申告書の提出期限 204
   ●「消費税申告書」付表2の書き方 206
   ●「消費税申告書」(原則課税)の書き方 207
   ●「消費税申告書」付表5の書き方 208
   ●「消費税申告書」(簡易課税)の書き方 209
 COLUMN 税務調査への対応のしかた 210


さくいん 212


●印は図表と書式の参照ページです