人名・地名 おもしろ雑学

日本で一番多い名字は佐藤で、2番目が鈴木といわれています。しかし、本当?と思っている人も多いのではないでしょうか。東京の周辺に住んでいる人は違和感がないでしょうが、関西の人だと、一二を争うのは山本と田中だろう、と思っています。

交通が便利になって、東京からだと、離島や山中を除いてほとんどの所に日帰りできるようになりました。でも、日本は狭いようで、まだ地域差は残っています。そんな日本を名字や地名からみつめ直してみたいと思っています。

著者プロフィール

森岡 浩(もりおか・ひろし)

姓氏研究家・野球史研究家。1961年高知市生まれ。土佐高校を経て早稲田大学政治経済学部卒。学生時代から独学で姓氏研究を始め、文献だけにとらわれない実証的な研究を続けている。一方、高校野球を中心とした野球史研究家としても著名で、知られざる地方球史の発掘・紹介につとめているほか、全国各地の有料施設で用いられる入場券の“半券”コレクターとしても活動している。

著書は『名字の地図』『高校野球がまるごとわかる事典』(いずれも小社刊)、『名字の謎』(新潮社)、『日本名字家系大事典』(東京堂出版)など多数。

●サイト(オフィス・モリオカ)
  → https://office-morioka.com/
●ツイッター
  → http://twitter.com/h_morioka
●facebookページ
  → https://www.facebook.com/officemorioka/
●Instagram
 → https://www.instagram.com/office_morioka/

 

雪の播州赤穂

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/02/05 09:46

神戸講演のあとは1泊して鵯越と一の谷を中心に源平合戦の後を訪れようと思っていたのだが、雪が降るということで断念。予定を変更して赤穂を訪れた。しかし、平地なら大丈夫という思惑は見事にはずれ、播州赤穂の駅に着いたときはすでに雪が舞っていた。

播州赤穂駅近くには忠臣蔵のからくり時計があり、市内には赤穂義士の旧宅の場所にそれぞれ案内板が立つなど、町は忠臣蔵一色。観光案内書でもらった地図にも義士関係の史跡が詳しく掲載されている。

karakuri

降り続く雪の中、花岳寺~大石神社~赤穂城跡~赤穂市立歴史博物館と一通り回ったのだが、2か所で面白い資料を入手した。

1つは大石神社にあった、2014年の特別展「大石内蔵助とその一族」の図録。図録はそのテーマに沿って多くの資料を簡潔にまとめ、さらに解説もついているためわかり易い。もう1つは、赤穂市立歴史博物館の刊行している「早水家文書」。早水家とは義士の一人で弓の名手として知られた早水藤左衛門の家である。

hayamike

早水藤左衛門は岡山藩士山口家の生まれで、赤穂藩士早水四郎兵衛の養子となったもの。山口家は戦国大名大内氏の流れを汲む名家であった。事件によって藤左衛門は切腹、赤穂藩士としては断絶したが、実兄の子が藤左衛門を跡を継いで、早水家は子孫が続いている。

こうした図録を得るのも、博物館を訪れる楽しみの1つである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ