人名・地名 おもしろ雑学

日本で一番多い名字は佐藤で、2番目が鈴木といわれています。しかし、本当?と思っている人も多いのではないでしょうか。東京の周辺に住んでいる人は違和感がないでしょうが、関西の人だと、一二を争うのは山本と田中だろう、と思っています。

交通が便利になって、東京からだと、離島や山中を除いてほとんどの所に日帰りできるようになりました。でも、日本は狭いようで、まだ地域差は残っています。そんな日本を名字や地名からみつめ直してみたいと思っています。

著者プロフィール

森岡 浩(もりおか・ひろし)

姓氏研究家・野球史研究家。1961年高知市生まれ。土佐高校を経て早稲田大学政治経済学部卒。学生時代から独学で姓氏研究を始め、文献だけにとらわれない実証的な研究を続けている。一方、高校野球を中心とした野球史研究家としても著名で、知られざる地方球史の発掘・紹介につとめているほか、全国各地の有料施設で用いられる入場券の“半券”コレクターとしても活動している。

著書は『名字の地図』『高校野球がまるごとわかる事典』(いずれも小社刊)、『名字の謎』(新潮社)、『日本名字家系大事典』(東京堂出版)など多数。

●サイト(オフィス・モリオカ)
  → https://office-morioka.com/
●ツイッター
  → http://twitter.com/h_morioka
●facebookページ
  → https://www.facebook.com/officemorioka/
●Instagram
 → https://www.instagram.com/office_morioka/

 

先祖を偽っていた島津家

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/01/15 10:29

島津家ゆかりの仙厳園から見た桜島(photo by narutake/fotolia)

先週紹介した、西郷家が肥後菊池氏の末裔である、というのは「伝承」ではあるが可能性は否定できない。「わからない」というだけで違うとは言い切れないのだ。これに対し、薩摩藩主の島津家は自らのルーツを明らかに偽っていた。

島津家のルーツを記した「島津家譜」によると、島津家の祖忠久は源頼朝と丹後局の間に生まれた子となっている。これは江戸時代の公式史料集である『寛政重修諸家譜』でも採用されており、今でも稀に島津氏は源頼朝の子孫であると紹介している書籍がある。

しかし、実際には忠久は頼朝の子ではなく、公家近衛家の所領である島津荘の下司(げし=現地で実務についた下級官僚)をつとめた惟宗広言の子である(養子説もある)。

惟宗氏とは渡来人系古代豪族秦氏の末裔で、平安時代は朝廷の中級官僚であった。この惟宗氏の一族に生まれた忠久が、源頼朝の寵愛を得て薩摩・大隅・日向3ヶ国の守護という破格の出世をしたため、頼朝の庶長子(かくし子)説が生まれたのだろう。

そして、島津家もこうした巷説を否定することなく、その支配体制を維持するための権威づけに利用していると考えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ