人名・地名 おもしろ雑学

日本で一番多い名字は佐藤で、2番目が鈴木といわれています。しかし、本当?と思っている人も多いのではないでしょうか。東京の周辺に住んでいる人は違和感がないでしょうが、関西の人だと、一二を争うのは山本と田中だろう、と思っています。

交通が便利になって、東京からだと、離島や山中を除いてほとんどの所に日帰りできるようになりました。でも、日本は狭いようで、まだ地域差は残っています。そんな日本を名字や地名からみつめ直してみたいと思っています。

著者プロフィール

森岡 浩
(もりおか ひろし)

姓氏研究家・野球史研究家。1961年高知市生まれ。土佐高校を経て早稲田大学政治経済学部卒。学生時代から独学で姓氏研究を始め、文献だけにとらわれない実証的な研究を続けている。
一方、高校野球を中心とした野球史研究家としても著名で、知られざる地方球史の発掘・紹介につとめている。
著書は『名字の地図』『高校野球がまるごとわかる事典』(いずれも小社刊)、『名字の謎』(新潮社)、『日本名字家系大事典』(東京堂出版)など多数。
高校野球に関するブログ“半地下の書斎から”も好評執筆中。

(著者ホームページ)
http://home.r01.itscom.net/morioka/myoji/index.html

(著者「高校野球ブログ」)
http://officemorioka.blog.so-net.ne.jp/

桐生祥秀の名字のルーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/09/14 13:48

(画像は日本陸上競技連盟公式サイトよりキャプチャ) (画像は日本陸上競技連盟公式サイトよりキャプチャ)

9月9日、福井運動公園陸上競技場で開催された全日本インカレで、東洋大の桐生祥秀選手がついに100m9秒台をマークした。

速報で9秒99と表示され、スタジアム中が固唾をのんで見守るなか、正式タイムとして9秒98が表示されると、日本人初の9秒台に競技場は大きく沸いた。世界で9秒台を記録した選手のほとんどはアフリカ系の選手で、アジア系では中国の蘇炳添(9秒99)に次いで2人目の快挙だ。

さて、メディアでは桐生の生い立ちやレース歴などを詳しく報道しているので、この連載では「桐生」という名字についみてみたい。

「桐生」の全国順位は1600位前後。私は3000位以内はメジャーな名字と考えているので、「桐生」はごく普通の名字といえる。ただし、その分布は大きく偏っており、新潟県から関東と長野県にかけて集中している。それ以外では三重県と北海道にある程度まとまった数があるのみで、それ以外の地域では珍しい名字である。

ルーツは、上野国山田郡桐生(群馬県桐生市)。もともとは藤姓足利氏(足利将軍家とは別)の家臣だったが、源頼朝に討たれて一旦滅亡。その後、藤原秀郷の子孫である佐野氏の一族が桐生に住んで桐生氏を称したのが祖。桐生選手は滋賀県の出身だが、滋賀県には「桐生」という名字は極めて少なく、遠祖は群馬県にあるのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ