5538a

天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生

発売日 2017.11.09
著者 加藤一二三
判型 四六判/並製
ページ数 208
ISBN 978-4-534-05538-5
価格 ¥1,404(税込)

史上初の中学生プロ棋士で、18歳でA級八段になり「神武以来の天才」と呼ばれる加藤九段。藤井四段との「62歳6ヶ月差対局」は話題を呼んだ。
63年間に渡り「挑戦」を続けてきた著者が、勝負、人生、そして家族について、語り尽くした渾身の一冊!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

プロローグ 天才論そして挑戦の人生
第1章 最後の最後まで挑戦し続けた棋士人生
第2章 棋士としての挑戦
第3章 プロとして本物を求め続ける
第4章 人生の挑戦に終わりはない……生涯現役宣言
終章 感謝の念があればこそ

著者プロフィール

加藤一二三

かとう・ひふみ


1940年1月1日福岡県嘉麻市生まれ。将棋棋士。九段。第40期名人。仙台白百合女子大学客員教授。


2017年6月20日、77歳で引退した現役最年長棋士(当時)。現役期間は最長不倒の63年。1954年、14歳で当時史上最年少の中学生プロ棋士となる。この記録は藤井四段に破られるまでは62年間ずっと破られていなかった。元祖天才中学生棋士。「神武以来(このかた)の天才」と呼ばれる。居飛車の本格派として妥協のない棋風に特徴がある。


1958年、史上最速でプロ棋士最高峰のA級八段に昇段。1982年、名人位に就く。タイトル獲得は名人1期、棋王2期など通算8期、棋戦優勝23回。公式戦対局数は2505局で歴代1位。勝ち数は大山康晴十五世名人、羽生善治二冠(2017年9月現在)に続いて1324勝で3位、負け数は1180敗で歴代1位(残り1局は持将棋=引き分け)。


敬虔なキリスト教信者(カトリック)としても知られ、1986年、ローマ法王から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章。2000年、紫綬褒章を受章。バラエティ番組にも出演し、「ひふみん」の愛称でお茶の間の人気者になっている。2017年9月、アーティスト名大天才ひふみんとして「ひふみんアイ」で歌手デビューを果たした。

関連書籍

ページのトップへ