5515a

教養としての「税法」入門

発売日 2017.07.27
著者 木山泰嗣
判型 四六判/並製
ページ数 320
ISBN 978-4-534-05515-6
価格 ¥1,890(税込)

「税が誕生した背景」「税金の制度や種類」など、税法(税金関係の法律の総称)の歴史から仕組み、考え方などまでをまとめた本格的な入門書。税の基本的な原則を丁寧に、大学で学習する学問的な内容までを豊富な事例とともにやさしく解説します。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
序章 巨額の課税は税法で決まる――武富士事件
第1章 税法の歴史とは?
第2章 税法の重要判決にはどのようなものがあるのか?
第3章 税法とはそもそも何か?
第4章 税法の基本原則を知ろう
第5章 税法の解釈とは?
第6章 税法の制度を押さえよう
第7章 不服申立て・税務訴訟とは?

著者プロフィール

木山泰嗣

きやま・ひろつぐ
1974年横浜生まれ。弁護士。上智大学法学部卒。都内の鳥飼総合法律事務所に所属し、税務訴訟及び税務に関する法律問題を専門にする。主な担当事件に、ストック・オプション税務訴訟(最高裁第三小法廷平成18年10月24日判決等で逆転勝訴)などがある。青山学院大学法科大学院では「租税法演習」を担当(客員教授)し,上智大学法科大学院では「文章セミナー」講師を担当している。2011年に『税務訴訟の法律実務』(弘文堂)で、第34回日税研究賞「奨励賞」受賞。

一般書から専門書まで幅広いジャンルで執筆活動も行っている。著書に『弁護士が書いた究極の勉強法』『小説で読む民事訴訟法』『勉強が続く人の45の習慣』(いずれも法学書院)『憲法がしゃべった。』(すばる舎)『もっと論理的な文章を書く』(実務教育出版)『センスのよい法律文章の書き方』(中央経済社)『最強の法律学習ノート術』(弘文堂)『分かりやすい「民法」の授業』(光文社新書)『反論する技術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

「むずかしいことを、わかりやすく」、そして「あきらめないこと」がモットー。

関連書籍

ページのトップへ