「改正民法」要点のすべて

発売日 2017.07.27
著者 早稲田リーガルコモンズ法律事務所
判型 A5判/並製
ページ数 176
ISBN 978-4-534-05512-5
価格 ¥1,650(税込)

「民法の一部を改正する法律」(改正民法)が6月2日の公布日から3年以内に施行され、新たなルールも多く導入されることから、企業法務や契約実務に大きな影響を及ぼします。民法の何がどう変わったのか、どんな影響があるのか、改正の要点を解説します。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
序章 民法改正の目的と影響
第1章 意思表示・代理
第2章 消滅時効
第3章 法定利率
第4章 債務不履行
第5章 契約解除・危険負担
第6章 債権者代行権・詐害行為取消件
第7章 多数当事者の債権債務・保障債務
第8章 債権債務の移転・消滅
第9章 定型約款
第10章 売買
第11章 賃貸借
第12章 その他の典型契約

著者プロフィール

早稲田リーガルコモンズ法律事務所

わせだりーがるこもんずほうりつじむしょ


法科大学院1期生および同世代の弁護士を中心に設立された弁護士法人。現在、パートナー17名、アソシエイト等10名の27名の弁護士を擁する。「社会の傘 明日への櫂」になることを理念として掲げ、個人の生活や企業活動において生じた様々な問題について、依頼者に最善のサポートを提供するべく幅広く活動している。

関連書籍

ページのトップへ